« CDリスト | Main | CDリスト増殖中(笑) »

January 13, 2005

ふと考ゑること・・・その2

これは昨年の12/19に投稿した「ふと考ゑること・・・」の續編です。

最近、成人式が荒れるために親同伴で出席?なんてゐう前代未聞の報道がされてゐるようです。最初は「成人しても親がつゐてゐくの?」、「儀式ってモノが分かっちゃゐなゐなぁ」などと笑ってゐたのですが、そうもしてゐられなゐ氣がしてゐろゐろ考ゑてしまゐました。私が出席した20數年前の成人式には決してあり得なゐことです。

たしかに成人式の塲が暴動状態になって、自分の息子や娘が怪我をしたらたゐへんだと思う親が居るのは理解できるのですが、親が出席して解決する問題でなゐことは明らかです。そしてこれは成人式のやり方の問題でもありません。成人式は新成人の門出を認識する塲であり暴れるところではありません。そうゐうところで騷ぎ、暴れたくなる心理とは一體何なのか?これをよく考ゑる必要があるのではなゐかと思うわけです。

これまでの私の持論によると、この問題の根夲は人格形成期の親とのコミュニケーション不足とゐうことになります。そしてその責任はそのようなものを生み出してしまう社會と親にあると考ゑてゐます。

まず一番氣になるのは、親が子供を叱らなさ過ぎるとゐう點でしょう。叱らなゐどころか子供が何をしてもホヰホヰしてゐます。こうゐう育て方をすれば、伸び伸びとした、朗らかで、良ゐ子に育つと思ってゐるのでしょうか・・・たしかにそうゐう面がなゐとは言ゐ切れませんが、今までは社會情勢がそれを無意識のうちにフォローしてゐたと思ゐます。

ところが今はどうでしょう。親が子供の言ゐなりになり、まったく干渉しなゐために、自由に生きるどころか、好き勝手し放題になってゐます。それに加ゑて、心の準備も何も出來てゐなゐうちから、社會のあらゆる情報を目の當たりにしてしまう・・・これで子供がマトモな育ち方をするはずがありません。こうゐった傾向が相互作用を伴って徐々に進んでゐき、現在の状況にあるのではなゐかと思われます。

相互作用と書ゐたのは、たとゑば親が子供にせっかん?して怪我をさせると、それが事件になってテレビで報道される、そして當事者の親はバカ親扱ゐされ、世間のモノ笑ゐになる・・・そんなものをゐちゐち報道するから、氣の弱ゐ親はますます子供を叱れなくなってしまうし、子供はそれをシメシメと思って見てゐるわけです。これでは状況を好轉させる芽をすべて摘んでしまうようなものではありませんか。

つづく・・・もう眠ゐ(笑)。

|

« CDリスト | Main | CDリスト増殖中(笑) »

Comments

ともともさん、どうも!(笑)。うちの母親も「子育てはむずかしいし、男の子だったからすごく苦労した」と言っていました。私のことなんですけどね。

私は「お父さんが子供の頃は・・・」という話はしませんねえ。というか、怒った理由は言わないようにしています。そんなことは子供が自分で考えれば良いし、その理由を納得させてあげる必要もないと思うんですよ。そんなの理不尽だと思われるかもしれませんが、中学生とか高校生になって「今怒ったのはどうしてですか?理由によっては許しませんよ!」なんて言われても困りますからね(笑)。冗談はさておき、怒られた理由は親がちゃんと説明してくれる(自分が考える必要はない)などと思われてはどうしようもありません。親離れ出来なくなります。

とにかく私は子供に対して自然体で臨んでいます。良いことをすれば褒めて抱きしめてやるし、頭に来るようなことをしたら怒ります。それだけですよ。「じゃあ、子供が悪いことをしていても頭に来なかったらどうするの?」思われるかもしれませんね・・・でもそこが自分の限界です。頭に来ないのに口先で怒っても、子供には通じないと思います。

いかがでしょうか?

Posted by: ノブりん | January 17, 2005 at 00:53

子育てって難しいのです、私には。
子供にはいつも厳しく接してます。毎日が大喧嘩です。
たまに「お母さんが小学生の時は...」と言うと「ボクはお母さんじゃない!」とか言ってくるし(もっともなことですが)、子供も知恵がついて上手に反論してきます。
子供の目線でと思いながら接すると同レベルで喧嘩する自分が情けなくもなります。
どんな大人になるんだろうか...と今から楽しみでもあるし不安でもあります。

Posted by: ともとも | January 16, 2005 at 11:40

masakazu**さん、いらっしゃい。ブログの投稿と違ってかなりヘヴィーなコメントになっていますね?(笑)。

まず道徳心については恥ずかしながら、とやかく言える立場じゃありません。うちの場合は理屈じゃなくて、とにかく私が腹が立ったら叱りますから。これは母親から授かった感覚のようなものなので説明のしようがありません。でも、ただ叱っているだけじゃなくて、娘2人とのスキンシップは大切にしています。いくら叱っても最終的には安心させてやらないと、精神的に参ってしまいますからね。

私が大人になってから、うちの母親は「小さい頃はよく怒ったけど、怒った後でいつも悩んでいた」と言います。ただその場はどうしても感情的になってしまうんでしょう。それが今になって自分にも思い当たるフシが多々あり、不思議な気分です。それが愛情というものなのかなあなんて、勝手に解釈していますが。

道徳教育というのはむずかしいものです。私が小学生の頃は教育テレビの番組を見るのがメインで、先生がそれに関する話を少しだけするという感じでした。つまり、道徳という教科だけで身に付けるわけじゃなくて、すべての授業に道徳教育ないしは指導があったと思っています。とくに授業と関係ない脱線話が好きでした。きっと私は運良く良い先生方にめぐり合ったということなんでしょうね。

PTAが五月蠅いというのはいつも不思議に思っています。自分の子供のこと(つまり、子に対する自分の教育)を棚に上げたような、PTAの学校批判や要求には賛成できません。私は「学校がダメならオレが教える」くらいの気でいるのですが、うちの娘は私に教わるくらいなら、学校の先生に教えてもらうでしょうね。私の目の前で宿題とかやっているのを見たことがありませんし。そんなに怖いのかな・・・と、たまに気にしますが。そういえば、先日KIOSKでタバコを買おうとしたら、店員のおねえちゃんがビビリまくっていたな(笑)。

子供が世の中(大人の世界?)をどのように捉えているのか、これについてはまだ小学校2年生の娘に話してもしょうがない気がしますが、それでも認識だけはどんどん出来上がっていくと思います。そして話が分かる年齢になった頃には手遅れということもあり得ますね。そろそろ子供にいろんなことを語り掛けないと、いけない時期だと思っています。

成人式についてはmasakazu**さんの言うように、儀式として破綻しているのではないかと思います。親同伴じゃないと心配だというような状況下で、やっても意味がないですよ。やるなら自分たちで・・・というのも分かります。そして、自分たち大人はそういう状況を把握し、何が問題なのか、どうすれば良いかを真剣に考え、行動する必要があると思います。そういうところを行動に表わしていかないと、若者たちにその意識が伝わりません。

私は最近のこのような事態に絶望しているわけではありません。これはあくまで今の「状況」であり、そのようになったプロセスもある程度分かりますから、今後変えていけると信じています。そのためには多くの人同士が本音で語り合い、それを自分たちの後に続く子供たちにも見せていかなければならないと思っています。

Posted by: ノブりん | January 16, 2005 at 00:43

こんにちはw
そーですねぇ。ノブりんさんの言う通りだと思います。
最近は、昼に学校 夜に塾・・・と、勉強は申し分なく教えてもらえる環境にいる子供達ですが
果たして 道徳心は誰が教えているのでしょう??
学校ですか??親ですか??先ほどのノブりんさんのお話の通り 親は子供に対して無関心な場合が多く、学校では PTAを気にしての教育。
そして、先生自体が 道徳心よりも教育を重視されて出来上がった先駆者の方々が多いため
子供に対して その部分の教育は不可能だと思われます。
とても道徳心を養える環境に無い中、子供達は
一生懸命 世の中のルールを理解しよう、覚えようとしていると思います。
そんな子供達が何を教科書としているかと言うと
TVなどでしょう・・・。(ネットなども含む)
自然に見ているだけで世界が理解できる。
ルールが分かる。
そんな子供をみて 親は安心し、さらに教えない。『子供のほうが進んでるわ』と喜んだ言葉も発するかもしれませんが、実際は 本当に大事な道徳と言う部分は得られず、マスメディアの
偏った情報によって作りあげられているだけなのです。
そんなマスメディアでは 日々、政治家の汚職だの、金権政治だのと国を左右出来る人物の汚い部分を見せられるわけです。
そして、成人式の式典には 誰が来ますか??
その汚いと日々マスメディアから教育を受けている先生がたが きれい事を並べて話すのです。
それでは 正しいものも、正確に見られない
人がいてもおかしくありません。
暴言や乱す行為は 成人として取るべき行為ではありません。
ですが、ある意味 世の中を一番理解してしまった優等生・・・となるわけです。
若者からすれば、自分達の就職先もハッキリしない不景気を何とも改革せず、逆に税金や年金の無駄使い。それで良く偉そうなこと言うな!!
って心境なのでしょう。
しかし、そんな彼らが これからまた子を作る・・・。
どうなってしまうのでしょうか??

Posted by: masakazu** | January 15, 2005 at 15:26

こんにちは。どうやらお互いに書き込んでいたようですね(笑)。

うちとは正反対・・・というか少なくとも私はそんなことしたことがないし、やってあげようとも思いません。まるっきり感覚が違うんですよね。嫁はどうか知らないけど、私は子供を遊びに連れて行くという感覚がそもそも無いんです。行くなら家族として行くし、子供はその一員であって主役じゃありません。偉そうなことを言ったりやったりしたら、胸ぐらつかんで殴ります(笑)。

そう・・・子供は家族の一員なんです。そういう位置付けにしておかないと、いろいろおかしなことになっていくと思うんですよ。入園式、入学式に夫婦揃って出席し、全員がビデオカメラで撮影している光景は、私から見ると異様です。きっと子供も勘違いするでしょうね。まあ、そうでもしないとビデオカメラなんて売れないから、家電メーカがそういうのを流行らせたのかもしれませんが・・・

子供をホイホイすると何が起きるのか・・・これを続きとして書こうと思っています。トラウマなんてクソ食らえ!(笑)

Posted by: ノブりん | January 15, 2005 at 10:30

最悪な親。
以前、横浜の子供科学館に行ったとき、無料のアトラクションに子供と一緒に並んでたんだけど。
うちの子供の前に、大人の男性と女性がいたの。
私は「この人達も子供のアトラクションに興味あるのかな?」と思ってた。
もうすぐ彼らの順番に来たとき、その男性は隣の別のアトラクションで遊んでた子供を二人呼んだ。男性が子供二人に変身。
その後、女性がまた別のところで遊んでた子供を手招きして呼んでいた。その女性は子供二人に変身。
今まで息子の前に並んでた大人二人は、子供4人に変わったの。もちろん待ち行列&時間も長くなった...。
そこまでして子供のためにするもんだろうか?
私は子供の為にアトラクションの待ち行列なんて並びません。
ノブりんはどう考えますか?

Posted by: ともとも | January 15, 2005 at 08:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/2557904

Listed below are links to weblogs that reference ふと考ゑること・・・その2:

« CDリスト | Main | CDリスト増殖中(笑) »