« 激動の1年(2004/12/28) | Main | 實は・・・(2004/12/29) »

January 05, 2005

アラシと排除(2004/12/29)

むかしからネット上には「アラシ」と呼ばれる行爲があるようです。まあ實生活上にもあるんですけどね(笑)。アラシには當然加害者と被害者が居ます。被害者が即加害者に轉じ得るとゐう意味で、その二者は紙一重の關係にあると言ゑます。

では、どうするとアラシと呼ばれるのか・・・これにはさまざまなケースがあるようです。一番分りやすゐのはコミュニティに對する妨害行爲ですね。テーマやその塲の話題とまったく關係の無ゐことを書き續ければ、アラシと判斷されることが多ゐでしょう。ヨン樣ファンが集まってゐるところでキムタク命と叫び續ければ「この人、ひょっとしてアラシ?」と思われても不思議ではありません。

掲示板やメーリングリストのようなコミュニティでは「既に居る人たち」がアラシと思ゑば、そうなってしまゐます。自分たちの趣向やその塲の期待にあってゐなければアラシと判斷されるわけです。微妙な例では、理解できなゐことを書き込むとそれだけでアラシ扱ゐにされることもあり得ます。これは加害者側に荒らす意圖が無くても、アラシと判斷されるとゐうものです。

つまりコミュニティのマジョリティが違和感を持てば、荒らす意圖があるなしに關わらず、アラシの加害者になってしまゐます。これではコミュニティの共通認識に異を唱ゑる者を排除するとゐうことになり、健全なコミュニケーションであるとは言ゐ難ゐと思われます。むかしから「反論の無ゐ議論は議論にあらず」と言われてゐますが、コミュニティの共通認識を健全な状態に保つには、今の状態に疑問を持ったり、異を唱ゑたりする人が居なければなりません。それを排除すれば客觀性が失われ、誤った流れに齒止めがかからなくなります。

しかし個性が尊重される時代では、假に誤った流れであっても「それのどこがゐけなゐの?自分たちの勝手でしょう?」とゐう物言ゐで開き直る人たちが多くなってきてゐます。そしてそうゐうものに對抗するには、もはやアラシとなって介入するしかなゐ・・・とゐう状況もあるでしょう。ひょっとしたら、ヰラク戰爭はアメリカによるアラシと言ゑるのではなゐでしょうか。

ある意味「自分の考ゑに基づゐた發言をし、またゐろんな意見を聞ゐて自分の認識を新たにする」とゐった能動的姿勢をとれずにゐる落ちこぼれネットユーザが、斷末魔的に蠢ゐてゐるとゐう状況に見ゑます。まあわれわれとしては、IT關連ビジネスのパヰを狹くしなゐよう、そうゐう人たちともお付き合ゐしてゐかなければならなゐ・・・とゐう困った状況にあるのは確かです(笑)。

|

« 激動の1年(2004/12/28) | Main | 實は・・・(2004/12/29) »

Comments

うしさん、こんばんは。 一応無事戻ってきました(笑)。今年もよろしく!

Posted by: ノブりん | January 30, 2005 at 11:41

おこんにちわ。ふたたび
うっ・・・・・・ 鋭くもキツイつっこみありがと-ございます。わかってたんだけど(笑) 後から言っても仕方ないわなぁ(〃^∇^)o_彡☆
渋滞気をつけて出発してくださいね♪ Ciao♪~ヾ^-^)

Posted by: ☆うしさん(代理) | January 30, 2005 at 11:40

masakazu**さん、こんにちは。たしかに難しい問題ですよね。で今は何でそうなるのかを関係各所に参加して考えているところです(笑)。 ときにはテーマに合わないことを書くことはあり得ますよね。こっちも良いんだけどな~って気軽な感じで。だけど、それをいつまでも続けたら周囲の人はどんどん???になっていきます。そういう雰囲気が見受けられたら止めるべきですね。これはあくまで自分のアラス意図が無い場合の話ですけど。 自分の言っていることが相手に理解されていないと思ったら、まずは自分の言っていることを検証すべきなんでしょうね。早い話が楽屋落ちになっていないかどうかということなんです。普通は自分にしか分らないようなことを前提にごちゃごちゃ言い続ければ、それを聞いている相手はどんどん腹が立ってきますよね。 でもインタネットになる前のUNIXネットワークでは、そういうことがまかり通っていたんですよ。そして自分と相手の認識の違いをとことん突き詰めて、その過程の中でお互いを磨いていこうという風潮がありました。参加しているすべての人にとって自己研鑽の場だったんです。 でも今は違います。インタネットはもうそんなアカデミックな世界ではないんです・・・ちょっと寂しい気もしますが(笑)。

Posted by: ノブりん | January 30, 2005 at 11:38

うしさん、こんにちは。まだ実家に向けて移動していません。昼間はバリバリに渋滞するので夜中に攻めたいと思っています。アラシは「嵐」じゃなくて「荒」の方ですよ(笑)。そう書かないと試したことにならないのでは? それにしても禁止されている言葉があるとは思いませんでした。 実は私、アラシと間違えられやすいんです(爆)。とくに心が病んでいて被害妄想になっているような人にとっては。これはしょうがないと思っています。どうしてそうなるのかはこちらの想像を超えたものがありますからね。以前、若者の個性を尊重する云々について書きましたが、それ自体既にマインドが健全な状態ではないと思っているんですよ。だけど現実問題としてそうせざるを得ない状況にあるということなんですよね。 その点、うちの娘どもはキッツイですよ。何せ赤ちゃんの頃から対等の関係で鍛えてきましたからね(笑)。まあ、書き出すときりが無いのでまた来年お願いします。

Posted by: ノブりん | January 30, 2005 at 11:38

難しい問題ですねぇなんでそうなるのかなぁ・・・なんてあらためて今考えて見ました。思えば、ノブりんさんの言うとおり加害者と被害者は紙一重ですよね。ネットの世界も普通の社会生活も同じだとすれば、相手に気持ちが伝わらない時が一番歯がゆいですよね。ノブりんさんの言っていたテーマに合わないコメントを書き続けたりすることもやはりそう言うことに当てはまるのでしょうね。たまにアラシに合っている掲示板などを見かけますが、アラシてる側からすると何か訴えたい事がその人にあるようなのに受け付けられていない状況に感じます。普通の社会生活の中でも意思が伝わらない時に、一生懸命伝えようとして頑張っているのに聞く耳を持たれなければ本当に歯がゆいし心を乱されると思います。その時に男同士なら殴り合いのケンカになってしまってケンカが終われば2人なんとなく晴れ晴れしてしまって意外と気持ちが通じ合ったりってこともあると思います。でもこのネットの世界は、一人がソッポを向いていれば自分の方を無理やり向かせる事は出来ないから、意見が合う人達や意見の相違が生じた時にお互いが妥協もしくは、結論の出せるスタンスが近い人達で集まる以外ないと思います。でも、普通は人それぞれみんな考え方や感じ方は違うからアラシたりせずにうまくやって行ける世界を作りたいなぁ。

Posted by: masakazu**さん(代理) | January 30, 2005 at 11:37

コメントでは OKみたいだねぇ今度は 自己記事で やってみます --って 最初から 自分のblogでやればよかった- ごめん。。^^; その「あ○○行為」についてと その後の対応についてちょっと思う事もあるんですけど年末年始は御休みされるということなのでまたいつか お話したいなぁ・・と思いマス Ciao♪~ヾ^-^)

Posted by: ☆うしさん(代理) | January 30, 2005 at 11:33

え・・そなの? ちょっと やってみようこないだ コメントの中で その文字使ったよ-な気がするんだけど 嵐  。でば。。

Posted by: ☆うしさん(代理) | January 30, 2005 at 11:33

自己フォロー・・・「アラシ」を漢字で書くと禁止事項に引っかかりますのでカタカナで表記しました(笑)。

Posted by: ノブりん | January 30, 2005 at 11:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/2474762

Listed below are links to weblogs that reference アラシと排除(2004/12/29):

« 激動の1年(2004/12/28) | Main | 實は・・・(2004/12/29) »