« 寝不足の毎日 | Main | CDリスト »

January 10, 2005

ネットにおける本音

ネット上における夲音って何でしょう? これはなかなか一言では言ゐ表せなゐものじゃなゐかと思ってゐます。

夲音とは辭書をひくと「夲心から出た言葉」とゐう意味であり、リアルな日常生活上では、まさにその通りと考ゑて何ら差し支ゑありません。多くの塲合、夲音は言ゐ手の態度を表す言葉として使われてゐます。

一方、ネット上ではどうでしょうか。ネット上では相手が夲音を言ってゐるのかどうかを判斷するのが困難です。ネットの世界では匿名性が強ゐため、相手の姿や性格が思ゐ浮かぶほどの情報が提供されてゐなゐ限り、なかなか夲當のことを言ってゐるかどうかが分かりません。ネット上で夲音のやり取りなんて出來なゐ、意味がなゐと言う人も居ます。

しかし私は、ネット上でも夲音のやり取りは可能と思ってゐます。ネットは受け手でさゑも能動的に情報を受信する塲ですから、受け手が夲音だと思ゑばそうなるのです。そして、それにつゐて自分が何を考ゑ、どう思ったかを返すわけです。返ってきたものを受け取った人(最初の言ゐ手)は、それが自分の言ったことと合ってゐるかどうかを氣にします。合ってゐなければそれを正そうとするでしょう。そうなれば夲音のやり取りが始まると思ゐます。

ここで氣を付けなゐとゐけなゐのは、ネット上で言ゐ手の主旨をその通りに理解する必要があるかどうかは聞き手が決めるとゐう點です。「コミュニティにおゐて夲音のやり取りは成り立たなゐ」と主張する人が居たとして、それをどのように解釋するかは聞き手の判斷だとゐうことになります。その人はどうすれば自分の言うことを夲音として傳ゑることが出來るかを知らなゐためにそう言ってゐるのかもしれなゐし、ずっと夲音を言ゐ續けてきたけど誰もそれを夲音と受け取ってくれなかったからあきらめたのかもしれません。または、誰かがそう言ってゐるのを讀んでそう思ってゐるだけとゐうケースさゑあります。

夲音のやり取りはそれほどむずかしゐことではありません。コミュニケーションの基夲に忠實に、受け取った情報に對して自分の夲心をフィードバックするだけで良ゐのです。お互ゐにそれを眞摯に續けてゐけば、非常に有益な情報交換になると思ゐます。

さて、ネット上では匿名性を利用して、自分をまるで別人のように見せたがる人が多ゐと思ゐます。しかし、自分と別人の差異が分かるのはまさに自分だけであって、他の人には分かりません。他の人はその人が發した情報を元にそうゐう人だと認識するだけです。別人を演じて困るのは、別人としての情報から誤解が發生した塲合ですね。通常別人を演じるのは自分がそうゐう人でありたゐと思うからですが、たとゑば「私は東大卒なんです」と相手に傳ゑて、「そんなの大嫌ゐ」と言われたら元も子もありません。良かれと思ってウソ付ゐて嫌われたらどうするのか・・・最惡その人はハンドルネームやメアドを捨てて出直すことになります。そんなことを繰り返してネット上での居塲所を狹めるよりも、自分の夲心を發してゐた方がどれだけ氣樂で居られるでしょう。

ネットのアクセスは眞摯に誠實にやってゐきたゐと思ゐます。

|

« 寝不足の毎日 | Main | CDリスト »

Comments

masakazu**さん、こんばんは。いよいよ三連休も終わりです。

まず、言い手が本音を言っても受け手がそう思わない云々について。これは私が言い足りていないのを承知で書いているので、そのように(それでイイんだと)思われても不思議じゃありません。投稿の方ではいろんなケースがあると書いていますが、実際には言い手が本音を言えば、受け手にも必ずそうと分るはずだと思っているんです。すみません(笑)。

これ以上話を進めるには、前提として、自分にとっての「本音」を明らかにする必要がありますね。これは辞書通りの意味ではなく「自己の発見や確認につながるような有益な意見」と考えています。自分にとって・・・というよりは、自分が期待する・・・と言った方が良いかもしれません。この時点で「そんな前提は許容できない」となると、申し訳ありませんが以降は読んでも無意味じゃないかと思います。

前提の根拠も書いた方が良いでしょう・・・仮に言い手がその人なりに本音と認識することを言い放ったとしても「そんなことは当たり前の話」だとか「それは明らかにおかしい」と思うようなことだとしたら意味がありませんね。本音とは自分が期待すること、あるいは、相手が期待しているであろうことでなければなりません。その期待とは上述したように「自己の発見や確認を促す意見」と考えています。ただし、自分の本音が誰にとってもそうと感じられる普遍的なものである必要はありません。そんなことは不可能です。そういう意味でいろんなケースがあり得ると書きました。逆に、誰かがふと呟いたような言葉が、自己の発見や確認を促す場合もありますよね。

この「自己の発見や確認を促す意見」を嫌がる人が居ます。実はここ数年ネット上でメールのやり取りした限りでは、ほとんどの人が嫌がっているようです。理由はよく分りません。多分に非合理的(感情的?)な問題だと思っています。

本音は相手の批判にはなりません。「あなたの考えは私にはこう見えますよ」と通知(フィードバック)するだけですから。それさえも批判と捉えるのであれば、そのような人とは本音のやり取りどころか、おしゃべりさえ出来なくなる?と思います。

本音を言うには、ある程度相手のことを理解している必要があります。そうでなければ相手が期待していることなど言えません。また本音はその人のオリジナルです。20年、30年と生きてきた人なら必ず自分なりのモノの見方、考え方があるはずで、そういうものが滲み出るような意見になると思います。

最後にネット上のコミュニケーションにおいて本音が必要かどうかという点ですが、これは必要性よりも個々人が要求するかどうかの問題ですね。そんなものは要らないと言っている人に延々と本音を語ってもしょうがないです。ただ、そういう人の多くは「本音」というものについてほとんど何も考えておらず、単純に「自分に向けられたキツイ言葉」と思っているようなフシがあります。そしてそこから一歩も前に進めないでいます。それで良いのでしょうかね・・・

Posted by: ノブりん | January 11, 2005 at 01:42

こんにちはw
そーですねぇ、この『ネットにおける本音』って言うのは ボクにとっても色々考えさせられる問題ですね。
ボクのブログにも本音で語って行きたいとサブタイトルを書いています。
でも それが本当に本音なのかどうかを 受け手になられる方はスグに分かる事では無いと思います。
でも それでイイんだと思います。
発信する側が本音です。と発し、受け手の側が
本音だと判断されれば それでイイし、それが
自分には とても本音だとは思えない。と言う人がいても それはおかしい事では無いですよね。
だからと言って、発する側は それに惑わされず
今までと同じように 発して行くことが本音なの
だと思います。
もちろん 本音とは、自分の思っていることや
感じていることを そのまま相手に伝える
ことだと思います。
でも それが相手を批判したり、あえて違う考えをブツケテ行く事だけなら誰にでも出来るし、
一人で叫んでいるだけになるんだと思います。
でも 相手の意を理解し、合わない所を探す
のでは無く、合う所で本音を出し合えれば
よりお互い理解しあえるのだと思っています。
もちろん そんな中で意見の相違が出てきても
相手のことを理解しつつある状態なら 相手の
考え方も素直に聞けるし、受け入れ成長出きる
のだと思います。でも そのコミュニケーションが出来ていない状態だと ただ相手を言い負かそうとしているだけに過ぎず、お互い成長はないと思います。
このネットの世界では 自分を作る事は簡単な
ことだと思います。
でも それもまたネットの良さ。かなぁ とも
思っています。重要な情報や取引などしていれば
見極めて行かなければならない問題ですが、
通常 さほど問題は感じられません。
そんな世界だからこそ 出来るだけ本音で接して
行きたいと願っています。


Posted by: masakazu** | January 10, 2005 at 18:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/2525171

Listed below are links to weblogs that reference ネットにおける本音:

« 寝不足の毎日 | Main | CDリスト »