« Meadowの更新・・・その後 | Main | Emacsの感心する機能 »

March 18, 2005

うちのCDプレーヤー

今うちで使っているCDプレーヤーは1999年に発売されたSONYのDHC-MD-575というやつです。CDとMDがともに5連装になっているやつで、デザインも良かったので購入した記憶があります。ただ、2~3年経って音飛びが激しくなり、ほとんど聴いていられないような状況になってしまいました。そんなに荒っぽい使いかたはしていないんですが・・・それで買うときに「この手のやつはまだまだ壊れ易いですよ」という店員の言葉を思い出しました(笑)。

どうも寒くなると音飛びが激しくなるようです。春から秋にかけての暖かい時期には、それまでの音飛びがウソのようにちゃんと演奏されます。もちろん、複数枚のCDの自動連続演奏も全然問題ありません。そして寒くなるとやっぱり調子が悪くなります。レンズクリーナーをかけても効き目はありません。

その他、調子が悪いときに1曲目とか2曲目はダメでも、後半の曲になると普通に演奏されることが多いです。外側はスピードが速くなるので読み込みが追い付かないのかな?・・・などといろいろ想像しています。結局、暖かくなると調子が良くなってしまうので、なかなか買い替えるわけにもいきません。また、最近買ったDVDプレーヤーだとテレビのスピーカーで再生できるし、もちろんPCでも聴けますよね。困ったものです(笑)。

その点、PCのCDドライヴは丈夫に出来ていますね。たまにDVDを再生したりもしますが、音飛びなんて一度もないです。何が違うのか分かりませんけど。まあCDを聴いていて音飛びするようでは、データの読み書きが信用できなくなってしまうんですけどね(笑)。

とにかく、好きなCDを聴きながら取り止めのないことを書くのが好きなので、早く何とかしたいと思っています。

|

« Meadowの更新・・・その後 | Main | Emacsの感心する機能 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/3339351

Listed below are links to weblogs that reference うちのCDプレーヤー:

« Meadowの更新・・・その後 | Main | Emacsの感心する機能 »