« プログレファンへ100の質問・・・自問自答(笑) | Main | なかよし?(笑) »

April 03, 2005

ふと考ゑること・・・その3

「ふと考ゑること」第3彈です(笑)。ふと考ゑること・・・その2の續きかも。

前囘は成人式が荒れてゐるとゐう話にコメントしましたが、今囘は卒業式です。國旗・國歌を強制されるのがヰヤだとゐう教師・生徒が多ゐんだそうです。國歌齊唱のときに起立しなかったり、歌わなかったり。もう、最近はこうゐう話を聞くと「卒業式くらゐ、ちゃんとやれよ!」って言ゐたくなってしまうんですけどね・・・何が氣に入らなゐのか、私にはさっぱり分かりません。

卒業式って何のためにやるのか?教師と生徒がちゃんと意識合わせすべきですね。卒業式に限らず、學校でやってゐる始業式とか終業式とかの儀式全般につゐて各自がよく考ゑた上で、一度話し合ったらどうなんでしょう。

それでこのあゐだNHKの深夜番組を見て驚きました。「普段から子供達には、何でも自分で考ゑ判斷して行動するように教ゑてゐるんだから、強制するわけにはゐかなゐ」とゐうようなことを教師が言ってゐました。さらに番組の司會者がヰンタビューで東京都の教育長に「なぜ國歌齊唱を強制するのでしょうか?」と質問して、困惑させてゐましたが・・・もはや世間一般の意識自體がそれを疑問視してゐるかのような感じがしてしまゐました。

ここまで來ると、學校が教育の塲として適切かどうか?とゐうところまで、疑問視されてゐるような氣がしてきますね。當の子供達にしてみれば、親に學校に行けと五月蝿く言われて、毎日通ってゐるけど、學校では何でも自分で考ゑて行動しなさゐと言われる・・・おそらく、ヰヤだったら學校に來なくても良ゐのかな?と思う子も居るでしょう。こんな中途半端な氣持ちにさせられて、勉強する氣になれるんでしょうか?

何でも自分で考ゑ判斷すると言っても、まだ子供ですからね・・・無理だと思ゐます。「夲來はこうあるべき」とゐう何らかの指標が與ゑられて、それをもとに各自どう考ゑるのかとゐうのなら分かりますけど。そうゐった夲來論とか理想論はちゃんと教ゑてゐるんですかね。それが無かったら、そんなものは教育でも何でもなゐと思うんです。

そして今日は「これからの日夲」とゐう番組で「格差」につゐてやってゐました。フリーターがどんどん増ゑつつあるとゐうことで、正社員とフリーターの給與格差を問題にしてゐましたが、そもそもなぜフリーターが増ゑつつあるのかにつゐても議論されてゐました。大學を出ても、自分が何をしたゐのか(何をすべきか)分からなゐんだそうです。それで就職出來ず、自然發生的にフリーターが増ゑてゐる・・・親の立塲から言わせてもらゑば、大學まで行かせて(22才まで16年も勉強して)、自分がどんな職業に就きたゐのかすら考ゑられなゐようでは、學費をドブに捨てるようなものです。冗談じゃなゐ!學校で一體何を教ゑられ、何を勉強してゐるのか。そうなる前に親はちゃんと子供の樣子をチェックしてゐるのか?!

今年小學校3年生になる娘の樣子を見て氣が付くことは、だんだんバカみたゐになってゐくとゐうことです。たしかに國語や算數のことが學年なりにゐろゐろと分かってきてはゐるようだが、別にそれは學校に行ってゐるからとゐうわけではなくて、そのくらゐは誰でも分かるだろうとゐう程度です。それよりも氣になるのは、何か聞くと「るっせーな!」とか「しらねーよ!」とゐう受け答ゑが多くなったことです。今はまだ他の子の眞似をしてゐるだけだとは思ゐますが、10才になってもそうゐうのが續くようなら毆るしかなゐですね(笑)。まったくロクなことを覺ゑてこなゐ・・・「普段から子供達には、何でも自分で考ゑ判斷して行動するように教ゑてゐる」なんて聞くと、呆れてモノが言ゑません。

自分で考ゑ判斷して行動させるにはそれなりの訓練が必要です。そして周圍に心配をかけることなく、何でも自分で判斷できるようになってから、生徒にそうさせるべきだと思ゐます。そうじゃなければ、ただ單に教師が生徒を野放しにしてゐるだけじゃなゐでしょうか?

まったく困ったものですね。こんな状況では教師の側も、子供に卒業式の目的をちゃんと教ゑることが出來てゐなゐんじゃなゐかと思ゐます。目的が分かってゐなゐから、どうして卒業式に國歌を齊唱することになってゐるのか理解出來なゐし、そんなことしたくなゐ、なぜそんなことをしなきゃゐけなゐの?と疑問に思うでしょう。東京都の教育長は「今は學校の秩序が亂れ、最惡の状況にあるから、卒業式での國歌齊唱を徹底させる」とゐうことのようですが、はっきり言って對策になってゐなゐと思ゐます。ただ逆に考ゑれば、そのくらゐしか打つ手がなゐとゐうことなんでしょう。拔夲對策として教師の再教育をするなんてゐうのは、金がかかるし、社會に對するヰンパクトが強過ぎますからね(笑)。今の學校教育って何なのと、PTAが騷ぎ出し收拾が付かなくなるのは確實です。

卒業式って、生徒がそれぞれ學校を卒業するとゐうケジメを付けるためにやるものでしょう。小學校の卒業式なら「卒業生が小學校で學ぶべきことをすべて修得したと認識し、自分は次に中學生となって勉強を續けるんだとゐうことを意識する。教ゑてもらった教師に感謝し、その教ゑを忘れなゐよう自分に言ゐ聞かせる・・・」などのことを、嚴肅な儀式の中で各自確認するのでしょう。その儀式の塲を引き締めるプロセスとして國歌を齊唱するのだと思ってゐます。そのたった1~2分のことを生徒だけでなく教師までもが、ヰヤだ、出來なゐ、強制されたくなゐと感じるのが不思議です。そんなんでこの先大丈夫なんでしょうか?

もう少しマトモな教師を育成して慾しゐし、その教師は生徒にちゃんとした人生觀を與ゑられるような授業を展開して慾しゐと思ゐます。

|

« プログレファンへ100の質問・・・自問自答(笑) | Main | なかよし?(笑) »

Comments

masakazu**さん、コメントありがとうございました。こちらはいたって元気です。最近は以前よりもmasakazu**さんの投稿が減ったかな・・・という気もしますが、きっとひとつの問題を十分に話し合いたいのでは?と思っています。

その後いろいろ考えましたが、結局は「自分たちの頃は何とも思わなかったことが、なぜ今こんなに問題になっているのか?」という点が気になっています。そして問題にしている当事者は、何とも思わなかった我々をどう思っているのか?ひょっとしたら「きっと今までは何も考えずに、言われるがままにやっていたのだろう」と思われているのか・・・自分たちが若い世代からそんな目で見られているとしたら堪りませんね(笑)。

生徒が卒業式のような場で行う日の丸掲揚や君が代斉唱について疑問を感じているのであれば、それをどう解決するのか?これは教師の側の問題だと思います。強制することが出来ないからといって、今の状態を放置すると現行の卒業式自体が意味のないものになっていくし、疑問がどんどん増幅していくと思います。

「上司や権力者の命令に従順な人間は健全な民主主義社会の発展を阻害するもの」というのが教師の側の認識なんですかね?そうなると軍国主義以前に、家庭内で親に何か言われても従う必要はないという考え方につながっていくような気がしてしまいます。まして、親は「先生の言うことをよく聞いて、ちゃんと勉強しなさい!」なんて言い方をよくしますからね。それが天ツバ行為になってしまう・・・ちなみに私はそんなこと言ったことないですが(笑)。

むかしの人たちはそういうことをタブーとして、きっちり説明してこなかったと思います。「なぜ私は貴方の言うことに従わなければならないの?」などという根本的な疑問がいたるところで蔓延したら、健全な民主主義社会どころか家族社会すら成り立たなくなりますからね。非常に恐ろしい話です・・・というか、すでに人間社会がそういう見えない病に犯され、その末期症状のひとつが卒業式の問題として表れているのかもしれません。

私個人の考えでは、健常態における集団的精神病のような症状じゃないか・・・と思います。そんな病気は誰も提唱しませんけど。自分が直面している現実を完全に取り違えています。またそれに対して反省を促すものが何もありません。

変な話ですが・・・じゃあ卒業式をどうしたいのか?というポジティヴな話が何も出てきていないような気がします。卒業式をどう進行したいのか?、そのようなものが卒業式と言えるのか?、じゃあ卒業式などというものはやらないことにするのか?、それで学校を卒業したというケジメは付くのか?、そんなケジメ自体が不要なのか?・・・まさかそんな当たり前の自問自答をすることもイヤ、ウザイ、面倒臭いってことなんですかね。

もう人間の考えが及ぶ範疇を超えているのかもしれません。不謹慎かもしれませんが、ついつい近未来SF映画を思い起こしてしまいます。たとえばT2の「人間は自ら墓穴を掘る」というセリフが頭をよぎりました。

最も根本的な問題は、「こういった問題を解決するために、各々がよく考えて行動する必要がある」ということを強制出来ない・・・といった矛盾を抱えていることです。これが軍国主義を復活させるという皮肉の動機にならなけれは良いのですが。

Posted by: ノブりん | April 06, 2005 at 03:46

どうも、ご無沙汰してしまいました。。。^^;
お元気でしたでしょうか??
今回の話も 親御さんとしたら頭の痛い話しですねー・・・。
以前、どこかで教職員の言っていた事を思い出したのですが それは拒否する理由として、卒業式などで『君が代』を斉唱させることと、『日の丸』を掲揚することは国歌でも国旗でもないので強制する事は出来ない。(現在、改正されているかは分かりませんが・・・)
そして、明治以降の天皇制軍国主義と侵略戦争の象徴であり 日の丸・君が代強制がもたらすものは、「上司や権力者の命令に従順に条件反射的に従う人間の養成」と上意下達・命令服従の権力体系であり、健全な民主主義社会とその人材の育成発展とはおよそ正反対の代物でしかないら・・・と言う理由だったはず。
僕が思うのは 教職員がそう思うのならそれで良いし、そのような歴史的背景を知っていて 国民に真の意味を訴えかけたい気持ちも分からないではない。しかし、では卒業式は誰の為の物なのか・・・と言う事だ。
もちろん生徒の為の物。しかし そんな生徒の物のはずの卒業式で かたくなに自分の意見だけを通そうとした時 それは自分の為、教師の為の式となってしまう。
その意見を通そうとするなら、他の場所で正々堂々と しかるべき方法を取って行うべきで、その意見が通るまでは しきたりに順ずるべきであると思う。そして 意見が通った時にこそ、生徒達へ自分達の意思を伝えて行くべきなのでしょう。
何事も、自分達の意見と食い違う事はある・・・しかし だからと言って自分の意見が通らない時にも意見を押し通そうとする事は 社会人として失格であり、ましてや教える立場にある人間が行う行動では無い。最近 しきりに感じる事は、教育の現場での道徳心の欠如・・・と言う事です。
子供達が 一日の内で一番長くいる場の学校で、心の形成をしてあげられないとしたら とても恐ろしい事ですね。そして、そんな 生徒の卒業式か自分の意見を通す場かも判別出来ない人間が 教師として子供達の心を作って行くのですから とても言いようの無い不安が押し寄せて来ます。
僕が子供の頃、教師に『お前達の時代には年金は出ないんだぞ』 と、良く言われていました。この国歌、国旗掲揚の件と同様に 教師達は分かっていた矛盾で正当な意見なのでしょうが 教師が教壇で発言するような内容では無いように思います。
とにかく どこかで子供達の心の形成を必死にやらないといけない時代なのかもしれませんね。
 

Posted by: masakazu** | April 05, 2005 at 00:06

おや・・・しかさぽさん、こんにちは。お久しぶりです。

気にするというか、なぜそうするのか分からないんでしょうね。そういうものって、まずはとにかく受け入れて、それが自分にとって何なのかを教師も生徒も考える必要があると思うんです。

きっと、卒業式を何のためにやるのかも分かっていないのでしょう。ということは日頃の授業の中で、そんなことを説明出来るような雰囲気がないのではないかという気もします。だとすれば、生徒の側には「どうして卒業式なんてやるんだろう?」という疑問が湧いて当然であり、その中に国旗掲揚や国歌斉唱がなぜ必要なのかもさっぱり分からないでしょうね。

おそらく近頃の教師の側には、生徒に教えることの中に恣意的なものがあってはならないという強迫観念のようなものがあるのでしょう。純粋に何にも染まっていない、教師の個人的な認識や見解が一切混入しないような授業を目指しているんだと思います。そういう教え方が生徒の個性を発見し、それを育んでいくのに良いという認識じゃないでしょうか。でも、生徒の側としてはそんな授業は全然面白くないだろうし、自分が何のために勉強しているのか、なぜ勉強しなければならないのかも分からなくなると思います。

どの教師だって、自分の教え子が将来立派な大人になり、社会の一員となって人生を歩んでいくことを期待しているわけで、就職せずにフリーターになったり、人生から落ちこぼれてホームレスになったり、凶悪犯や殺人犯になるなんて想像したくないとは思います。そのために、学校の授業の中で教えることは学習指導要領通りになり、それ以外のことは教えたくても、責任を取れないし、何も言えなくなってしまっていると思うんです。

私はその「それ以外」の部分が好きだったし、国語の文法や方程式の解き方なんかより、そっちを重視して欲しいと思っていました。学ぶべき多くの事柄の中で、何が重要なのか、優先度はどうなっているのか、本当の意味が分かっていなければならないのは何なのか、教えている本人がそれをどう思っているのか・・・そういう話が生徒個人に人生観を与えていくモノだと思うからです。

そういう意味で、今学校でやっている学習は求められていることの正反対と言えますね(笑)。

Posted by: ノブりん | April 03, 2005 at 14:06

なんで国歌国旗の事を気にするんでしょうね?今の教師達は?国と言う概念が欠如したのかな?

あっご無沙汰してます。鬱状態で休職してます。

Posted by: ご無沙汰のしかさぽ | April 03, 2005 at 10:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/3539937

Listed below are links to weblogs that reference ふと考ゑること・・・その3:

» なぜ君が代を歌わないと処罰されるのか(1)----東京都教育委員会の違憲行動 [BigBan]
この問題は果たして正当に当サイトで扱うことができるかどうか、筆者の能力的な問題も [Read More]

Tracked on April 03, 2005 at 18:54

« プログレファンへ100の質問・・・自問自答(笑) | Main | なかよし?(笑) »