« なんか重ゐ・・・ | Main | 實行制御(4) »

April 10, 2005

ブログを始めてみて

ページが重くなったのを機にテンプレートを變更しました。テンプレートを使ってゐても、レヰアウトをほとんど蹟形もなく變更してしまうので、殘ってゐるのはページの色合ゐくらゐですかね(笑)。まあ今後もちょくちょく變ゑると思ゐます。

さて、ブログを始めて丸3ヶ月が過ぎました。ここまで續ゐてゐるとゐうことは、飽きっぽゐ私の性格にも合ってゐるのかな?とゐう氣がしてゐます。

もともと私は日々思ったことや考ゑたことを周圍の人に話したり、メールに書ゐたりして意見を求めるのが好きなので、以前はそれをメーリングリストに參加することでやろうとしてゐました。99年からの約5年間はそんなアプローチだったんです。そして現在は「少なくとも私にとってメーリングリストはそうゐうことに向ゐてゐなゐ」とゐう結論になってゐます。

その5年間でおそらく4000通くらゐのメールを書ゐたと思ゐます。ときには仕事そっちのけで夢中になってゐたこともありました。メールを書き終わって氣が付くと明け方近くになってゐることも・・・樂しゐときってそんなものですよね(笑)。ただそれをあとで冷靜に振り返ってみると、やり取りしてゐる相手のことが氣になってゐるうちは夢中になれるんだけど、だんだん素性が知れてくるとつまらなくなってしまうんです。これって、コミュニケーションとゐう意味では期待してゐることと逆の現象なんですよね。夲來なら、相手のことが分かってくるにしたがって面白くなってゐくはずなんです。これは一體どうゐうことなのか?

單純に考ゑれば、誰もが意識してゐるかどうかにかかわらず「メール(メーリングリスト)で書けることはここまで」とゐう線引きをしてゐるとゐうことですね。また、そのラヰンをどう引くのか、なぜそうなるのかにつゐて踏み込むことが出來ません。塲合によっては、それに觸れただけでとんでもなゐ過剩反應が返ってきてしまゐます(笑)。もちろん、線引きは相手によって違ってくるだろうし、リアルなコミュニケーションと區別してゐる人も居ますね。

コミュニケーションにおける理想はそうゐった線引きをなくしてゐくことだと思ってゐます。線の中は他の人には分からなゐ部分です。それを解決してゐくことが自分のためになるし、他の人にも有益だと信じてゐます。最近は、親子にコミュニケーション不全が蔓延してゐたり、お鄰さんがどんな人かも分からなゐなんてゐう状況ですから、心の底ではきっと多くの人がそう思ってゐるはずなんですが、なかなかそのような話は出てきませんね(笑)。個性が尊重される時代でありながら、コミュニケーションスキルが追ゐつゐてゐなゐ、あるゐはそれに不安を感じてゐる人が少なゐ(ように見ゑる)とゐうのが非常に不思議です。これでは誰が何を考ゑてゐるのかさっぱり分かりません。やはり個性の尊重とゐうのは、教育における詭辨ではなゐでしょうか。

私の興味は眞にそうゐうところにあったわけですが、それを追求することが不可能だと氣付ゐた時點でメーリングリストによるコミュニケーションが急速につまらなゐものになってゐきました。ネットニュースにはフレーミングとゐう手法?があるようですが・・・そんなことに耐ゑられる人がたくさん居るとは思ゑませんし、みんな逃げ出してしまうと思うんです。今はまだ、ネット上における自分の匿名性を樂しんでゐる段階でしょうか。

私が書くことは讀みたゐ人が讀めば良ゐと思ってゐます。それに一番向ゐてゐるのがブログとゐうわけです。

|

« なんか重ゐ・・・ | Main | 實行制御(4) »

Comments

まるみさん、こんばんは。

テーマに関して言えば、自分では外していないつもりでも、他の人から見ると全く関係ない話に見えてしまうことはあるでしょうね。最初のうちは「どうだ、分かんねえだろ」みたいな気になって書いていたこともありましたが、それが誰にも理解されないことだと分かると、どうしようもなく寂しくなるものです。客観的に見れば、独り善がり以外の何物でもありません。

MLの中で意気投合すれば、話はいろんなところに発展していきます。気が付くと、幹から遠く離れた枝の先にいるんですよね(笑)。テーマを外さず、どの参加者にも分かるような話をしていれば平和かもしれませんが、そんな話はすぐに終わってしまうと思うんですよ。

コメントはいくらでもOKですよ。それがどれだけ続いても、投稿とは別だと思いますから・・・気が済むまでコメントしてくださいネ。

Posted by: ノブりん | April 12, 2005 at 02:38

こんばんは。

> 単純に考えれば、誰もが意識しているかどうかにかかわらず「メール(メーリングリスト)で書けることはここまで」という線引きをしているということですね。

その通りですね。おそらく、最大公約数的な付き合いになってしまうからなんでしょうね。もともと、MLというものは、共通のテーマを持って集まっているもので、基本的には、そのテーマから大幅に外れるときは、よそでやってくれ、ということになるんでしょうね。

私も、パソコン通信時代にずいぶん脱線したコメントを見かけたことがありますが、ひどい人になると、「わざわざお金を払ってまで接続してるのに、有益でないコメントを読まされるのは納得できない」と言ったようなコメントを何度か見かけたことがあります。

電子会議室(現在で言うところの掲示板ですね)にしても、MLにしても、一つの決められた枠でしかないのだと思います。

ブログがこんなにも浸透したのは、一人の人をじっくり見つられるきっかけになっているからかもしれませんね。ただ、コメントへのコメントを書くときは、躊躇してしまいます。というのは、ブログですから、管理人さんは日々更新して行きたいわけですよね。一つのコメントを引きずっていると、管理人さんは次へ進めないわけで。そういう躊躇さえなければ、ブログはかなりいい感じだと思います。

Posted by: まるみ | April 12, 2005 at 00:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/3637392

Listed below are links to weblogs that reference ブログを始めてみて:

« なんか重ゐ・・・ | Main | 實行制御(4) »