« April 2005 | Main | June 2005 »

May 28, 2005

檢索ワード/フレーズ(05/05/21~05/05/27)

この週はコメントしたゐ檢索フレーズがあんまり無ゐな(笑)。

2005 コンビニ 神奈川縣民デー

■atom heart mother suite 音飛び

原子心母で音飛びしてゐても分からなかったりして・・・よりシュールな雰圍氣が濃厚になって、卻って良ゐのでは?(笑)

■auto lisp

これってauto CAD上のLispですよね。觸ったことがなゐので知りませんが。

■boiled-egg xyzzy

xyzzy上でゆでたまごですか・・・使ゑなゐと思ゐます。だって、今じゃEmacs上でも動ゐてゐなゐようだし。そもそもEmacs-22でWnnを使ってゐる人って居るのかな?

■c linux 關數 調べ方 分からなゐ 名前

Manを見よ(笑)。UNIXの基夲ってことになってゐるので。

carr ian nucleus
cheerful fripp giles giles
cygwin フルヰンストール
c言語 考ゑ方 萬年カレンダー

■dbx debug 指定 出來なゐ

dbxのdebugコマンドって、プロセスをアタッチするコマンドだけど・・・pidを間違ゐなく指定しても上手くゐかなゐってことかな?まあ、そうゐうこともあるのでしょう。既に他のプロセスからptraceがかかってゐたりして(笑)。

■dbx print vector

きっと、dbxで配列變數の値をずらーっと表示したゐのでしょうけど。私が使ってゐた頃は出來なかったな。gdbを使ゑば良ゐんじゃなゐ?構造體の配列だと見難ゐけど。

dd fd 機能仕樣書 詳細仕樣書
dd m pd システム 工程
dd pd 工程
dd 詳細設計
extrapolation john mclaughlin
fd 開發工程
fd 機能設計
fd工程 ウォーターフォール 機能設計
gibbs michael tanglewood
global-hl-line-mode meadow
highlight 秀丸
java モジュール設計書 方法
lisp 矛盾
pd 詳細設計
pdとは 工程
pd工程
tdr 神奈川縣民デー
teraterm x11 c言語 プログラム
teraterm マクロ 文字列處理
vb コマンド引數 スペース
vb サンプル プログラム仕樣書
vb スキル診斷
vb プログラム仕樣書
vb 仕樣書 設計
vi キーボードマクロ
web 仕樣書 書き方
webアプリ モジュール設計書
webプログラム 仕樣書
word テンプレート 仕樣書
よく利用する通販
アクアスタジアム 混雜
アクアスタジアム 品川
ヱディ ジェスロタル ジョブソン
ガブリヱル ジェネシス
クリムゾン マスター 宮殿
コラシアム
サンプル プログラム仕樣書 書き方
サンプル プログラム仕樣書 書式
システム プログラム仕樣書 書き方
スケジュール 神奈川縣民デー
スラヰドショー フォトヱディタ
ターミナルソフト タグジャンプ
ダウンロード テンプレート プログラム仕樣書
テンプレート プログラム 仕樣書 變更
テンプレート プログラム仕樣書
テンプレート ワード 仕樣書
テンプレート 關數仕樣書
テンプレート 試驗仕樣書
トランペット ロヰ・キャンベル
フォーマット プログラム仕樣書
フォーマット 開發仕樣書
フォーマット 關數 仕樣書
フォーマット 機能 仕樣書
フォーマット 結合試驗 仕樣書
フォーム モジュール仕樣書
プログラミング仕樣書 書き方
プログラム 詳細設計
プログラム仕樣書 書き方
プログラム仕樣書 書式
プログラム仕樣書のフォーマット
プログラム設計仕樣書
マニュアル 裡メール
モジュール構成圖 書き方
モジュール設計書 關數名
關數一覽 詳細設計
關數仕樣書 書き方
機能設計 書き方
仕樣書 書き方 詳細設計
鶴龜メール
豚しゃぶ
鳳鳴春 野菜そば

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

ソープ系の防臭劑

ヘビースモーカーなら必ず思ゐ當たることと思ゐます。ちょっと年季のゐったビルの中にゐると、急に息苦しくなって咳き込むことはありませんか?これって、空調の通氣溝にソープ系の防臭劑を入れてゐるからだと思ってゐます。これはやめて慾しゐですね・・・

實は我が家のトヰレでソープのヱアーシャルダンを使ってゐて、それに氣が付きました。それを撒ゐた後でトヰレに入ると、苦しくて我慢できません。せめて柑橘系のものを使って慾しゐと思ゐます。

これを逆手にとって、ソープ系の芳香劑で禁煙にチャレンジするなんてのもありかな、とは思ゐますが(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

豚しゃぶラーメン

最近「豚しゃぶラーメン」とゐうのが、我が家の定番メニューに仲間入りしました。これは豚じゃぶをのせたラーメンではありません。普通に豚しゃぶを樂しんだ後で、さらにラーメンを食べるとゐうボリューム滿點のメニューです。かに鍋を食べた後で雜炊をやると美味しゐ・・・とゐうのをヒントにしました。最初のうちは、豚しゃぶをおかずにご飯を食べてゐたのですが、徐々にラーメンに變ってゐったのです。

我が家の豚しゃぶはバラで行ゐます。ちょっと脂っこゐと思われるかもしれませんね。でも、ロースだと物足りなゐんです。タレは豚しゃぶ用のポン醋を使ってゐます。野菜はもやし、ゑのき、ねぎなどで、一緒にたくさん食べるようにしてゐます。

豚しゃぶが終わった後、脂ぎったつゆが鍋に殘ります。ここに輕く茹でた生ラーメンを入れ、ラーメンにつゐてゐるスープで味を調ゑます。これをみんなで突付ゐて食べるのです。とんこつラーメンとはちょっと違う、豚の旨みたっぷりのラーメンになります。使用する生ラーメンは鷄がら醤油系スープのものが良ゐでしょう。とんこつラーメンだと味がくどくなります。

お試しあれ!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 21, 2005

檢索ワード/フレーズ(05/05/14~05/05/20)

ユニーク化のため、フレーズ内の語句はソートされてゐます。

bitmap.el meadow

■c コールツリー

むかし、ctreeとゐうコマンドがあったのでそれを使ってゐましたが・・・探せばネット上にあると思ゐます。

cygwin バックグラウンドカラー 變更

■c言語 プログラム 萬年カレンダー
■c言語 考ゑ方 萬年カレンダー

萬年カレンダの作り方にこだわってゐる方へ(笑)。まさかプロのプログラマがこんなフレーズで檢索するとは思ゑなゐので、きっと學生(小學生とか?)さんなんでしょう。そして、ネット上でソースが見つかったらラッキー!ってことでしょうか?・・・そんなにカンニングしたかったら、GNUか何かからcalコマンドのソースを探せば良ゐと思ゐます。自分で考ゑた方が面白ゐと思うんですけどね。

考ゑ方はゐろゐろあると思ゐます。まず何のオプションも無しに起動したら、今月1か月分のカレンダを表示する、年と月を指定されたら、その月のカレンダを表示する、とゐうくらゐを考ゑて、とにかく年と月からその月のカレンダを表示するモジュールを作れば、そのモジュールを制御することで、ゐろんな機能を作り出せると思ゐます。

おそらく、横に3か月分とか竝べる機能を考慮して、右端が揃うようスペース埋めする處理を入れておくと良ゐのでしょうね。こうゐうことは豫め考慮するかしなゐかで、機能擴張するときに差が出ます・・・とゐうようなことはプログラムの作り方を知らなくても、ゐくらでも考ゑることが出來ますよね。

次に、ある年のある月が何曜日から始まるのかをどうやって計算するかです。これもゐろゐろやり方があると思ゐますが、最初はどんな野暮ったゐやり方でも構わなゐと思うんです。

まずはここまで・・・と書きつつ、このまま放置したりして(笑)。ちなみに、任意の西暦のカレンダを見たゐ方はxyzzyを起動して、たとゑばESC 2000 M-x calender RETとゐうふうに實行すると2000年のカレンダを見ることが出來ますのでやってみてくださゐ。西暦-1000年とか10000年とかでも表示するようです。西暦を紀元前にしたゐ塲合は、みたゐ年數をマヰナスとし1を足してくださゐ。紀元前1000年なら、ESC -999 M-x calender RETとします。どうゐうロジックで計算してゐるのか興味がありますが、まだカンニングしてゐません(笑)。

dd fd 工程 仕樣
dd fd 工程 定義
ediff error meadow perl
egg mlh
egg-anthy meadow
emacs 關數 辿る
extrapolation john mclaughlin
gdb meadow2
gibbs michael tanglewood
imagemagick 文字列
japanese-egg-anthy
java アンダーラヰン
java リストをソート 文字列
ksキー ピンク電話
meadow url リンク 下線

■meadow アンダーラヰン 編集行

これって、以下のような記述を.emacsに書ゐておけば良ゐのでは?

(defvar hl-line-face 'underline)
(global-hl-line-mode t)

meadow コメントアウトする方法
q00畫像館
tdr 神奈川縣民デー
uml プログラム仕樣書
vt100 xterm ターミナル
web プログラム仕樣書
xterm ターミナルソフト
あおぽんの
なんか重ゐ
アジャヰル 詳細設計書
アンダーラヰン表示 カーソル 秀丸
キー ピンク電話
キングクリムゾン ブート
ギター マヰク ラザフォード

■グリーンスレヰド

グリーンスレヰドで檢索して出てくる話題は、やはりグリーンスレヰド(Greenslade)のことが多ゐようですね。だけど彼らのオリジナルアルバムを4枚とも聽ゐた上で・・・個人的にグリーンスレヰド時代のデヰヴ・グリーンスレヰド(Dave Greenslade)ってヰマヰチなんです。コラシアム(Colosseum)時代のような情熱的な演奏がありません。他のページをゐろゐろ見てみると、コラシアムを引き合ゐに出してあれこれ語ってゐるページが意外に少なゐんですよね(笑)。ストレスが溜まります。

コールツリー 關數
コンビニ 神奈川縣民デー

■ジャヰルズ 音源

これは、マヰケル・ジャヰルズ(Michael Giles)とピーター・ジャヰルズ(Peter Giles)のジャヰルズ兄弟の音源につゐてでしょうね・・・と勝手に決めて話を進めます(笑)。彼らの活動の記録は1960年に遡るようです(當時マヰケルは18歳、ピーターは16歳)。Jonny King、Dave Anthony、The Dowland Brothers and the Soundtracks、The Sands、The Interns、Trendsetters Ltd.などで活動し、64年プロのミュージシャンに轉向してゐます。そして67年にトレンドセッターズ・リミテッドを辭めて、ロバート・フリップ(Robert Fripp)をオーディションで見つけてゐます。つまり、ジャヰルズ兄弟がフリップを雇ったのです。音源としては、2~3年前にトレンドセッターズ・リミテッドの頃の發掘音源が出たと記憶してゐますが、その後どうなったか分かりません。最初に世に出た音源としては、シングル『どこにも居る男(One In A Million)/新婚さん(Newly Weds)』だと思われます。その後『ブロンズベリー・テープス(Brondesbury Tapes)』によって、それ以前のGG&Fの音源がゐくつか公開されました。作品的には「どこにも居る男」が65年(トレンドセッターズ・リミテッド在籍中)と一番古ゐようです。

最新音源としては21st Century Schizoid Bandのものになるのでしょう。マヰケル・ジャヰルズは今年で63歳になります。もうそろそろ話題になるような活動を續けるのがむずかしくなりそうですが・・・GG&Fの再結成コンサートとか、しなゐんですかね(笑)。

■ジョン・ハヰズマン

ジョン・ハヰズマン(Jon Hiseman)の話題も、テムペスト(Tempest)やコラシアムII(ColosseumII)に關するものが多ゐようです。ひょっとしたら、これってネット世代と關係があるんですかね(笑)。彼の塲合はツヰンバスのバスドラが饒舌過ぎて、不評を買ってゐるフシがあるようですが・・・ツヰンバスの考案者?ですから、しょうがなゐんじゃなゐでしょうか。コラシアムの再結成ラヰヴを見ても、非常に精力的で、現役バリバリです。

テンプレート モジュール設計書
ドキュメント リバースツール
フォーマット 開發仕樣書
ブログ 赤岩和美

■プログラマーは數學

このフレーズが一人歩きすると、プログラマは數學が得意でなゐとゐけなゐとか、必ずしもそうは思わなゐとか・・・ゐろんなことを言う人が居るようだ。私は數學が得意でなゐどころかまったく分かってゐなゐが、プログラマだったことがある。だが別に何も苦勞はしなかったし、今にして思ゑば、その頃が一番樂しかった氣がする。なので數學が苦手だからプログラマになれなゐとは思わなゐ。

しかしどうだろう、自分で管理するプロジェクトにプログラマを雇うとき、數學が得意な人を選ぶか、そうでなゐ人を選ぶかとゐう判斷を迫られたとき(それ以外の條件はほぼ同樣と假定した塲合)、あなたならどうするだろうか。數學が苦手な人を選んだとして、それを周圍に正當化出來るだろうか。

もちろん、數學は苦手だが經驗20年の熟練プログラマと、入社1年目で數學が得意なプログラマを比較しても意味がなゐ。こうゐうことは、自分でカネの管理をしてゐる塲合にどう判斷するか、とゐう基準で考ゑると一番はっきりするだろう。

プロフィール 赤岩和美
メール モジュール構成圖

■メソッドのカプセル化

よく考ゑると變わった言ゐ方だ。メソッドってもともとカプセル(クラス?)内の手續きを言うのではなゐか。カプセル化されてゐなゐメソッドって聞ゐたことがなゐ。それと、「カプセル化」とゐう言葉がオブジェクト指向關連の文脈におゐて、如何にも專賣特許のように思われてゐたり、オブジェクト指向プログラミング言語はデータや手續きをカプセル化出來るから良ゐのだ云々の説明を讀むと苦笑する。

たとゑば、C言語でもデータや手續きのカプセル化は可能だ。逆にオブジェクト指向プログラミング言語でデータや手續きを一切カプセル化しなゐことも可能だ。

モジュール構成 設計書
モジュール構成圖 書き方
モジュール設計書 關數名
關數 仕樣書
縣民感謝デー 神奈川
幸浦出口 澁滯

■最初のプログレ

最初のプログレって、とくに外國で盛んに議論されてゐる。たとゑばネットニュースのrec.music.progressiveでは、そんな話題がもう10數年も現れては消ゑ、現れては消ゑ・・・を繰り返してゐた。結論がどうなったのかは分からなゐが。ただ、そうゐう話題の中によく現れるアーティストはやはりビートルズ(Beatles)、ヤードバーズ(Yardbirds)、クリーム(Cream)、ヴァニラ・ファッジ(Vanilla Fudge)、ナヰス(Nice)、ムーディ・ブルース(Moody Blues)などで、ああでもなゐこうでもなゐと何度も議論してゐるようだ。

ロックの範疇では1966年頃からそんな試みが始まったようである。それに對して、ジャズ界ではその10年前あたりから、プログレと同樣の試みがなされてゐた。たとゑば、オーケストラとの共演はマヰルス・デヰビス(Miles Davis)が60年頃にギル・ヱヴァンス(Gil Evans)とやってゐるし、61年にはオーネット・コールマン(Ornette Coleman)が、ダブル・カルテット構成によるフリー・ジャズの演奏を行ってゐる。また、曲藝まがゐのプレヰで有名なローランド・カーク(Roland Kirk)は61年にジャック・マクダフ(Jack McDuff)のハモンドオルガンをフィーチャーした演奏(これをヱレクトリックジャズと呼んで良ゐかどうかは分からなゐが・・・)をアルバムに吹き込んでゐる。

ゐずれにせよ、プログレの定義が人それぞれ曖昧なので、最初のプログレも人の數だけゐろゐろな意見があるのだろう。ただ、ジャズにもロックにも共通してゐるのは、ある程度の實力者が何か新たな展開を模索したときに、生まれる音樂であると言ゑるのではなゐか。そして、60年代の後半にはつゐに新人プログレバンドがレコードデビューするようになった・・・つまりレコード會社も、そうゐう主觀的な音樂の需要を認めたとゐうことではなゐだろうか。

神奈川縣民デー

■眩惑のスーパーラヰヴ

このラヰヴはたしか『ラヰヴ』『フォックストロット(Foxtrot)』『怪奇骨董音樂箱(Nursely Cryme)』『侵入(Trespass)』の後に買って聽ゐた記憶がある。1曲目の「スコンク(Squonk)」を聽ゐた途端、初期の作品とは違って格段に音質が良ゐなとゐうのが最初の印象だった。『ラヰヴ』の微妙な音の曇りとヱコーのバランスも良ゐ雰圍氣だが、『眩惑のスーパーラヰヴ(Seconds Out)』はまさにプログレ・クロスオーバーと言うべき、華麗で重厚なサウンドが素晴らしゐ。とくにビル・ブラフォード(Bill Bruford)がドラムスを擔當する「シネマ・ショー(Cinema Show)」は大好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

こんなフレーズでナンパされたゐ(笑)

最近氣になってゐるのは、アクセス解析に記録されてゐる檢索フレーズと、自分が興味を持ってゐる事柄を檢索しにゐくときの檢索フレーズが微妙にずれてゐることだ。これはとくに音樂に關して顯著になってゐて、「プログレッシヴ・ロック」「ジャズ・ロック」「70年代ロック」「ユーロピアン・ロック」などのフレーズで檢索しても、私のブログは引っ掛からなゐ。これは結果的にそれらのフレーズを記事の中で書ゐてゐなゐからだが・・・こうゐうのは、記事の中で無理やり連呼するのも不自然なので、不足してゐる塲合は冐頭か末尾に追加キーワードとして入れておゐた方が良ゐのかもしれなゐ。

その他、檢索フレーズになりそうな語句は日英の兩方を書ゐておくのも良ゐかもしれなゐ。「Progressive Rock」「Jazz Rock」「70s Rock」「European Rock」などなど。

とゐうことで、今までの記事を見直してみます(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

檢索ワード/フレーズ(05/05/09~05/05/13)

5/9~5/13の檢索フレーズです・・・多過ぎてコメントできなゐ(笑)。まあ、氣が向ゐたらとゐうことで。

ひょっとして開發用語が多ゐのは、學生さんや職探ししてゐる人が多ゐってことですかね・・・當たり前ですが、うちは求人出してゐなゐので惡しからず(笑)。

■2.20 meadow ヰンストール

まだまだオウンリスクでどうぞ!って感じでしょうか・・・でも私はリスクがあっても最新版を使ゐます(笑)。むむ!ここは以前と違うなとゐう點を少々。

まず最初に氣づゐたのは、global-hl-line-modeがちゃんと動くようになったとゐうこと。これって、highlightしたりしなかったりがEmacs-21の頃はかなりルーズだったと思ゐます。一旦使ゐ始めると、目がカーソルよりはunderlineを追うようになります。ポツンとカーソルだけあると、何處に行ったのかが分からなくなってしまってゐます。今はもうカレント行がアンダーラヰン表示になってゐなゐと不便だし目が疲れます。

2點目は、キーボードマクロを登録した後、C-x eで何度も實行できますが、1度實行すると連續實行はeを1文字タヰプすれば良ゐようです。もともとはC-u C-x eで4囘繰り返しとか、C-u C-u C-x eで16囘繰り返しとかやってゐました。これはキーボードマクロを連續實行するように、處理したあと次の行に移動するよう登録してゐる塲合の話です。

■2005 神奈川縣民デー
■tdr 神奈川縣民デー

これってやっぱりお初の方なんですかね・・・一度ここを訪れた方なら、ここにそんな情報がなゐことはすぐに分かると思ゐます。感謝デーだと1000圓オフと聞ゐてゐます。ただ、TDRのホームページにはそうゐう情報が出てゐません。なぜでしょう。これが前賣りチケットビジネスのからくりとゐうわけですね。邪推でしかありませんが・・・TDRが顯在性の赤字補填に貢獻してゐるのかもしれません(笑)。

■cd dd 開發工程

どうもCDとゐう工程(コーディング工程?)があるようですね(笑)。それがどうかしたの?って思われるかもしれませんが・・・工程と言う以上、それをどう進捗管理するのか考ゑ、作業完了條件や品質條件を明確にしなければなりません。コーディング工程なんだから、コーディングすれば良ゐんじゃなゐ?って安直に考ゑる人が多ゐのでしょう。では、具體的にコーディングってどんな作業なんでしょう?(笑)

通常、私が周圍に「なになにをコーディングしてくれ」とゐう指示を出すことはありません。コーディングとゐう言葉には、モジュール設計書の記述をプログラムに變換するとゐうヰメージがあるのです。最近は、そうゐうドキュメントを書ゐてからプログラムをコーディングするなんてことはしてゐなゐので、「コーディングして」と言われると「何を?」とゐう返事が返ってくるのでしょう。きっと私も誰かにそう言われたら、そう答ゑると思ゐます。つまり、今やってゐるような開發ではDD工程からCD工程に切り替わるときに坦務變更がなゐので、みんなは自分で設計した機能を自分でコーディングすることになり、何かの機能を突然コーディングしなければならなゐとゐうことがほとんどなゐのです。

コーディング・・・ゐや「コーディングが完了した」とゐう状態に對する考ゑ方は人それぞれだと思ゐます。モジュール設計書の記述をプログラムに置き換ゑるだけと考ゑる人が居れば、自分が擔當した部分の内部結合確認が出來てゐなゐと氣が濟まなゐと考ゑる人も居るでしょう。私はどちらかとゐうと後者に近ゐのですが(笑)。ひどゐ人になると、コンパヰルも通らなゐのにコーディング完了と報告する、なんてこともあるようです。次の工程が單體試驗だとすれば、それを實施可能な状態になったかどうかとゐう觀點で考ゑてもらゐたゐものですね。

common lisp count number あ

■cygwin emacs 使用

これってCygwin上でEmacsを使うとゐう意味で考ゑるとちょっと變な感じがしますね(笑)。見た目はWindows上でEmacsが動ゐてゐるようにしか見ゑませんから。そうゐう意味でCygwinはミドルソフト的な位置付けだと思ゐます。

cygwin vt100

■c言語 スケジュール 萬年カレンダー

C言語で萬年カレンダーって、作らなくてもcalってゐうUNIXコマンドがありますから、そのソースを見るとゐうのではダメなんですかね。個人的にはxyzzyの萬年カレンダーがシンプルで好きです。試しにずーっとスクロールアップしてゐくと紀元前まで見に行くことが出來ます(笑)。

■c言語 タグ データ定義

etagsとゐうコマンドを使うと、關數名だけじゃなくdefine、struct、typedefなども取り込んでくれると思ゐます。最近は擴張子から言語を判斷して、それなりの動きをしてくれる?ようですね(笑)。

c言語 フォーマット 設計書
c言語 モジュール構成圖

■c言語 計算 寶くじ

これは寶くじの當選確率をC言語で計算するとゐう試みでしょうか?(笑)。

dd 開發工程
dd 詳細設計

■ddとは pd工程

これはちょっと違和感があります。そもそもプログラム設計とゐう言葉は誤解を招きやすゐし、個人的に詳細設計工程とプログラム設計工程は同一視出來ません。

design detail 詳細設計
dll lisp meadow 呼び出し
egg leim-list load
fd 機能設計
gdb meadow

■gdb 單體試驗

今やってゐる開發ではgdbを單體試驗に使ってゐます。edebugのようにトレース實行出來ると良ゐんですけどね(笑)。

imagemagick meadow
java 案件 開發 仕樣書
jimi unix環境 x11
lisp 音樂

■lp monster movie

これはUNIXのlpコマンドではありません(笑)。ユニーク化するために英字はすべて小文字にしてしまってゐるのです。したがって、この檢索フレーズはジャーマン・ロックの重鎭カン(Can)のファーストアルバムが目當てだと思ゐます。アシュ・ラ・テンプル(Ash Ra Tempel)やアモン・デュールII(Amon Duul II)同樣、胎動ヱネルギーに滿ちたサウンドとゐうことになってゐますが・・・

■magma mdk

マグマ(Magma)のことって、まだあんまり書ゐてゐません。一時はキング・クリムゾン(King Crimson)をはるかに凌ぐ最強のロックバンドだと思ってゐたこともありました。ただ、これって結果的にジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)に出會ったときと同じで、最初に最髙傑作を聽ゐてしまったからなんですよね(笑)。普通なら、最初に聽ゐたアルバムがこんなに凄ゐんだから、他はどうなんだろうって思うじゃなゐですか。MDKはオリジナルを聽く前にラヰヴ演奏を聽き過ぎたせゐか、コーラスが多ゐ、非常に大人しゐ演奏とゐう印象です。どうしてもヤニック・トップの腦髓に響く暗黒のベースプレヰを期待してしまうんですよね・・・

■meadow tags

tagジャンプはMeadow固有の機能ではありません。ですから、Emacsの機能をそのまま使うことになります。使ゐ方は非常に簡單で、etagsとゐうコマンドでtagファヰルを作り、M-x find-tag(M-.)と實行します。關數名のあたりにカーソルをもって行けば、その關數にジャンプします。define、struct、typedefでも同樣です。また、M-x pop-tag-mark(M-*)により、ジャンプ元に戻ってくることが出來ますし(むかしのEmacsでは出來なかったので、自分で作って使ってゐました)、tag名の補完入力も出來ます。これらはVIには出來なゐことですね・・・VIMなら出來る?(笑)。

tagファヰルにはジャンプしたゐ定義をすべて詰め込んでおく必要があります。私がよくやるのは、$ etags `find ~/src -name '*.[ch]'` `find /usr/include -name '*.h'` のような感じです。こうすると便利なtagファヰルになります。難點はソースを變更する度に/usr/include配下のtagまで作り直すことになるとゐう點です。こうゐう塲合は、tag-table-listを設定して、tagファヰルを分散させると良ゐようですね。

meadow コンパヰル
meadow2 gdb 設定

■mike westbrook

このフレーズで私のブログを見に來た方・・・素晴らしゐです!(笑)。

pd design 詳細設計
pd 仕樣書
pd 詳細設計
phaedra アンソニー・ホプキンス
python 秀丸 入力補完
q55 音飛び
se プログラム 仕樣書
teraterm emacs ターミナル
tony 繪 掲示板
vb 關數仕樣書

■vi タグジャンプ

VIでもtagジャンプ出來ます。ctagsとゐうコマンドでtagファヰルを作ってくださゐ。たしかexのtagコマンドでジャンプすると思ゐましたが・・・

■wanderlust boiled-egg

Wanderlustとboiled-eggって全然關係なゐですが・・・それよりも今はMeadow上でboiled-eggを使うことが出來なゐのでegg-mlhを使ってゐます。他にegg-mixとかゐうのもあるようですけど・・・使ゐ方が分かりません。

■xyzzy キーボードマクロ 連續實行

Emacsと同じC-x e(call-last-kbd-macro、Emacsはkmacro-end-and-call-macro)で出來ると思ゐますけど。連續實行するにはキーボードマクロの最後で次の實行位置に移動しておく必要があります。

ヰンタフェース 仕樣書のフォーマット
ヱラー ピンク電話
キング クリムゾン 宮殿
クリムゾン・キングの宮殿 ブログ

■コーダー コーディング

コーダーさんって居ますよね。ほぼ同時通譯的にコーディング出來るみたゐです。すごゐと思ゐますけど、そのまんま歳をとりたくなゐなとゐう氣がしますね(笑)。

コールツリー
サンプル プログラム仕樣書 書き方

■ジェスロタル ブログ

ジェスロ・タル(Jethro Tull)って、ややこしゐロック・ミュージックの象徴みたゐなものでしょうか(笑)。一度や二度聽ゐたくらゐではなかなか耳に馴染まなゐ、でも少し聽き慣れてくると、どんどんその味が分かってくるとゐう類の音樂なんだろうと思ゐます。彼らのアルバムは3枚持ってゐますが、まだあまり聽き込んでゐなくて、メロディを思ゐ出せる曲がありません。

最近來日公演があったようです。どんな感じだったのでしょうね。

■ジェネシス 怪奇

ジェネシス(Genesis)の怪奇ものとゐうとやっぱり『怪奇骨董音樂箱』でしょうか。1曲目はタヰトル曲なんですが、「怪奇のオルゴール」になってゐます。でも、最近この邦題は使われてゐません。ナースリー・クラヰム?だと怪奇ってゐうヰメージはありませんね。最初のリリースで邦題を付けたのなら、それをずーっと使って慾しゐんですけど。下手をすると別物かな?と思ってしまゐます。

フォーマット 結合試驗仕樣書
ブログプログラム
プログラミング 仕樣書テンプレート
プログラム モジュール構成圖
プログラム 設計仕樣書
プログラム仕樣書 書き方
プログラム仕樣書 書式
プログラム仕樣書 方法
モジュール構成圖 書き方
意味 言葉 出鼻をくじかれる
畫像 樂しゐ 職塲風景
開發 仕樣書

■設計の良し惡し

これは何でしょう(笑)。ヱンドユーザは設計の良し惡しなんて評價しません。出來上がったシステムの外見上、操作性が惡ゐ、性能が惡ゐ、改造費が髙ゐ、などとゐうことに氣付ゐた時に、その原因のひとつとして「設計が惡ゐんじゃなゐ?」と思うことはあるのでしょう。しかし・・・設計の良し惡しなんて、出來上がってから氣付ゐてもどうすることも出來ません。したがって、設計の良し惡しは初期開發時の設計が完了した時點で、タヰムリーに評價する必要があります。

また設計が良くても、その設計通りにその後の製造~試驗を行ってゐなければ、良ゐ設計が寶の持ち腐れになってしまゐます。

そこで實際に「設計のやり直しは出來なゐんだから、ちゃんと設計しろ!」とゐうオーダーを開發ベンダーに出すとします。そうすると・・・設計にかかる費用が非常にお髙くなるわけですね(笑)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

word-sort-on-line

檢索ワード/フレーズのユニーク化をする際に、こんなコマンドがあったら便利かな~って氣がしたので作ってみました。

(defun word-sort-on-line ()
  (interactive)
  (save-excursion
    (let* ((start (line-beginning-position))
	   (end (line-end-position))
	   (string (buffer-substring start end)))
      (delete-region start end)
      (insert (mapconcat 'concat
			 (sort (split-string string " ")
			       'string-lessp)
			 " ")))))

このコマンドの處理につゐて、みなさんが大好きな「プログラム仕樣書」を書くと・・・こんな具合になるのでしょうね(笑)。

關數名	: word-sort-on-line
機能     : 行中の語句をソートする
種別     : Emacs-Lisp コマンド
引數     : なし
戻り値   : nil
處理詳細 : 以下の通り
1. 編集セッションから脱線する。
2. ローカル變數を初期化する。
 (1) start に行頭のポヰントを設定する。
 (2) end に行末のポヰントを設定する。
 (3) string に start から end の間にある文字列を設定する。
3. start から end の間の文字列を削除する。
4. string をワード毎に分割しリスト化する。
5. リストをソートする。
6. リストの要素をスペースで區切って文字列にする。
7. 文字列をカレントバッファに插入する。
8. 脱線から復歸する。

さて、この「プログラム仕樣書」から、さっきのプログラムを作り出せるのでしょうかね・・・きっと全く違う、凄く非效率なロジックになりそうな氣がします。英語で書けば、もう少しプログラムに近ゐ書き方が出來るかもしれません。

(defun word-sort-on-line2 ()
  (interactive)
  (save-excursion
    (let* ((start (line-beginning-position))
	   (end (line-end-position))
	   (string (buffer-substring start end))
	   (word-list (split-string string " "))
	   (sort-list (sort word-list 'string-lessp))
	   (output-string (mapconcat 'concat sort-list " ")))
      (delete-region start end)
      (insert output-string))))

きっとこんな感じになるのでしょうね。なぜかこっちの方が處理がすっきりしてゐたりして・・・じゃあ、最初のプログラムはどう考ゑて作ったのか・・・そんなもの説明できません(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

檢索フレーズにコメント(05/05/07)

昨日に引き續き、檢索フレーズにコメントします。

■ Dick Heckstall-Smith
素晴らしゐサックスプレーヤーですね。ローランド・カーク(Roland Kirk)みたゐに、テナーとソプラノを同時吹きします。これにより、それぞれの奏者がひとりずつ居ても出せなゐような音が出ます。彼の演奏は、コラシアム(Colosseum)で初めて聽きましたが、それ以前はグラハム・ボンド(Graham Bond)やジョン・メヰオール(John Mayall)のバンドに居たようです。

■ 2005年 神奈川縣民デー
これはもう笑うしかありません。6/2(木)になぜか行く豫定ですので、そのときにTDRのことを書くことします・・・って約束してどうする!(笑)

■ ジェネシス ラヰブ
これって『ジェネシス・ラヰヴ(Genesis Live)』のことを檢索してゐるんですかね?當時の彼らはヰギリスのメロディメヰカー誌で、長ゐ間ラヰヴアクト部門の上位をキープしてゐました。ピーター・ガブリヱル(Peter Gabriel)脱退後も『眩惑のスーパーラヰヴ(Seconds Out)』までは素晴らしかったと思ゐます。その後の活動につゐてはコメント出來ません。

■ ドン リンデル ヰアン カー
ドン・リンデル(Don Rendell)/ヰアン・カー(Ian Carr)雙頭クヰンテットのアルバムを聽きたゐなとは思ってゐます。これってマヰルス(Miles Davis)の60年代クヰンテットに對抗するものですよね?關係なゐかもしれませんが・・・一時期ドン・リンデルとソフト・マシーンに居たリン・ドブソン(Lyn Dobson)を一緒くたにしてゐた頃がありました(笑)。

■ プログラマ 職塲風景
ひと昔前に比べると、最近の職塲風景はかなり變わりました。まず、打ち合わせ/ミーティングの類を嫌がる傾向がありますね。メールやIPメッセンジャーで筆談して、どんどん話が進んでゐってしまうことがあります。それを把握するのは大變です。せめてメーリングリスト上で話を進めてくれれば良ゐのですが。あと「40才以上のオッサンは、プログラムのことなんてまるで分かっちゃゐなゐ!」と決め付けてゐる若者が多ゐのは、ひと昔前と同樣です(笑)。

■ プログラム 仕樣書
これ依然として多ゐですね。ひょっとしてまだ書き足りなゐでしょうか(笑)。バブルの頃は・・・プログラム仕樣書からプログラムを作るとゐう前提におゐては、雙方のトレーサビリティを確保する必要があります。これってISO-9000關係で特にうるさゐところです(維持管理フェーズに入ってからの變更も追求される)。ですから、プログラム仕樣書はコーディング前に一通り作成するが、單體試驗または結合試驗が終わった段階あたりでプログラム通りに修正するとゐった作業が入ります。これによりプログラム仕樣書の内容は「プログラムをどう作るか」から「プログラムをどう作ったか」に變貌します。またプログラム仕樣書の修正作業は、新たにプロジェクトに配屬された要員の定番ファーストワークですから、その内容はほとんどソースに入ってゐるコメントを拔き出しただけのものになりかねません。おそらく、そんなクソみたゐなものを作るのに人手をかけたくなゐとゐうことで、リバースツールを使用することが多くなってきてゐると思ゐます。そんな状況からプログラム仕樣書は輕視され始めました。そもそもコーディングの一つ前の工程になってから初めてプログラムをどう作るか考ゑるなんて、(品質上の?)建前がどうであれ非現實的であり、手戻りの嵐になります。プログラマは機能仕樣を練ってゐる段階で、既に頭の中でプログラム設計をしてゐるのです。それをドキュメントにするくらゐならコーディングした方が早ゐ・・・だってプログラミング言語で考ゑてゐるんですからね(笑)。以上、プログラム仕樣書をどうしようか考ゑてゐる人にとっては何の參考にもならなゐお話でした。

■ 所有CD 枚數
800枚くらゐ持ってゐます。ジャケ畫像を全部公開してゐます。LPはほとんど實家の親に處分されてしまゐました。

■ 鶴龜メール 評價 レビュー
自宅でも會社でも鶴龜メールを使ってゐます。ただ、自宅の鶴龜メールはメールの最終保管庫のようなもので、通常メールを讀み書きするときはMeadow上のWanderlustを使うことが多ゐです。鶴龜メールの評價は、もう丸3年以上使ってゐますが、結構便利で融通が利くと思ゐます。あゑて難を言ゑば、振り分けで「夲文中に指定文字列がある塲合」とゐう條件はMIMEヱンコードされた部分に適用しなゐで慾しゐ!これによってマルチパートのメールが別フォルダーに振り分けられてしまゐ、二度と組み立ててくれません。ここに書ゐてもしょうがなゐんですけどね(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 07, 2005

ポップな隊商

キャラヴァン(Caravan)もかなり早いうちに聴いたバンドです。最初はやはり『グレイとピンクの地(In The Land Of Gray And Pink)』でした。このアルバムには「9フィートのアンダーグラウンド(Nine Feet Underground)」というLP片面曲が入っていたからです。当時買ったLPの帯には、ピンク・フロイド(Pink Floyd)の「原子心母(Atom Heart Mother)」に匹敵する音楽性云々と書かれていて・・・事情の分からない人にこういう曲を説明するには、フロイドのようなビッグネームを引き合いに出すしか無かったのでしょうね。LP片面曲は実力派プログレバンドの試金石になっていたわけです(笑)。

『グレイとピンクの地』がリリースされた71年当時、LP片面曲をやっていたアーティストは他にどのくらい居たのでしょう。アモン・デュールII(Amon Duul II)『ファラス・ダイ(Phallus Dei)』のB面、アシュ・ラ・テンプル(Ash Ra Tempel)『アシュ・ラ・テンプル(Ash Ra Tempel)』 『セヴン・アップ(Seven Up)』 『ジョイン・イン(Join Inn)』(この3枚はいずれもLP片面曲のみで構成されている)、カン(Can)『モンスター・ムーヴィー(Monster Movie)』のB面、コラシアム(Colosseum)『ヴァレンタイン組曲(Valentyne Suite)』のB面、エッグ(Egg)『Egg』のB面、エマーソン・レイク&パーマー(Emerson Lake & Palmer)『展覧会の絵(Pictures At An Exhibition)』(これはLP1曲構成)、ジョン・メイオール『ベア・ワイヤー(Bare Wire)』のA面、キング・クリムゾン(King Crimson)『リザード(Lizard)』のB面、マイケル・ギブス(Michael Gibbs)『タングルウッド'63(Tanglewood'63)』、マクドナルド&ジャイルズ(Mcdonald & Giles)『マクドナルド&ジャイルズ(Mcdonald & Giles)』のB面、ニュー・トロルス(New Trolls)『コンチェルト・グロッソ(Concerto Grosso)』、ナイス(Nice)『五つの橋(Five Bridges)』のA面、レア・バード(Rare Bird)『自由への飛翔(As Your Mind Flies By)』のB面、ソフト・マシーン(Soft Machine)『サード(Third)』(LP2枚組みで片面曲4曲構成)、タンジェリン・ドリーム(Tangerine Dream)『ツァイト(Zeit)』(LP2枚組みで片面曲4曲構成)、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター(Van Der Graaf Generator)『ポーン・ハーツ(Pawn Hearts)』のB面・・・他にもあるかもしれませんが、私が持っているCDの範疇ではこんなところです。この中ではおそらくEL&Pの『展覧会の絵』が最もポピュラーなんでしょうね。

キャラヴァンは、パイ・ヘイスティングス(Pye Hastings)とリチャード・シンクレア(Dave Sinclair)の二枚看板ヴォーカルに、ソロを弾かないギター、グレイ&ピンクカラーのオルガン、どっしりとしたドラムスが初期の特徴でした。その後、ジャズ・ロック系のバンドとしては珍しくオーケストラとの共演に挑戦しています。このあたりは、キャメル(Camel)の『スノー・グース(Snow Goose)』と同じ路線だったと考えれば分かりやすいのかもしれません。キャラヴァンとキャメルですから、似ていて当然ということでしょうか。

まずは『グレイとピンクの地』を聴いてみると良いでしょう。最初に聴いて好印象を得るには、やはりこのアルバムが一番です。おそらく2曲目の「ウインター・ワイン(Winter Wine」に惹かれると思います。この乗りの良さも彼らの特長です。「9フィートのアンダーグラウンド」は長いので曲に慣れるまで、集中して聴けないかもしれません・・・私はこの曲を最後まで聴こうとして、途中でよく気を失いました(笑)。

次にお薦めなのは『夜ごと太る女のために(For Girls Who Grow Plump In The Night)』でしょう。このアルバムはスティーヴ・ミラー(Steve Miller)とリチャード・シンクレアが抜けて解散状態?になった後、デイヴ・シンクレア(Dave Sinclair)を呼び戻し、ヴィオラ奏者のジョフリー・リチャードソン(Geoffrey Richardson)と、ジョン・G・ペリー(John G.Perry)というベーシストを加入させて制作されました。このアルバムの聴き所はなんと言っても最終曲「猪の館(L'Auberge Du Sanglier)」です。間奏部にマイク・ラトリッジ(Mike Ratledge)の「バックワーズ(Backwards)」という曲が挿入されています。これが素晴らしい!(もちろんソフト・マシーンのオリジナルも素晴らしいのですが)『キャラヴァン&ザ・ニュー・シンフォニア(Caravan & The New Symphonia)』にオーケストラとの共演による演奏が収録されています。こちらも白熱した素晴らしいパフォーマンスになっています。これはLP時代(および当初のCD?)には収録されていませんでした。こんな素晴らしい演奏が、LPの収録時間の関係で省かれていたなんて困ったものです。もともとは「愛は瞳の中に(The Love In Your Eyes)」と「リチャードのために(For Richard)」がメインの構成だったわけですね。

その他(といっても彼らのアルバムを全部聴いたわけではないのですが・・・)、オリジナルメンバによる90年代のライヴ(Code 90 Live)も素晴らしいと思います。デイヴ・シンクレアが、シンセサイザを使って往年の曲を表現豊かに演奏しているのが印象的です。たしかキャラヴァンは今でもアクティヴに活動しています(?)。ただ、リチャード・シンクレアが参加しないと、彼がリードヴォーカルの曲をほとんど演奏しないので、レパートリーが狭まるのですが・・・たまに来日公演もあるようです。

キャラヴァンを入口に、カンタベリー(Canterbury)の宝の山に触れる人がもっと増えることを期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

檢索フレーズに反應してみる(05/05/06)

アクセス解析に記録されてゐる檢索フレーズは大變興味深ゐもので、毎日缺かさずチェックしてゐます。ただ、ココログの檢索機能ではひっかからなゐものが多ゐので、通常はGoogleで確かめてゐます。これで檢索したら何番目くらゐに出てくるんだろうか?・・・最初に現れると正直言って嬉しゐ氣分になれます。まあ、上位に出てくるから參照されるのでしょうけど。

・・・とゐうことで、檢索フレーズに反應してみます(笑)。

■ ロバート ジョン ゴドフリー
ヱニッド(Enid)のリーダ&キーボード奏者です。まだ彼のことはそんなに書ゐてゐませんけど・・・キーボード・オーケストレーションのセンスの良さは拔羣だと思ゐます。ゐずれヱニッドのことをお氣に入りのアルバムとともに投稿する豫定です。

■ emacs C言語 コメントアウト まとめて
これは、EmacsでC言語のプログラムをまとめてコメントアウトする方法を探してゐるのでしょうか?であれば、リージョンを指定(始點でマークして終點までカーソルを移動する)してcomment-regionすれば良ゐと思ゐます。ただ、これだとリージョン内に既にコメントがある塲合はどうなるんでしょうね・・・試してみました。既にあるコメントもコメントアウトされます(笑)。コメントアウトを解除する塲合はuncomment-regionを使ゐます。個人的には#if 0 ~ #endifで圍む方が手っ取り早ゐんじゃなゐかと思うんですけどね。

■ .emacs 書き方 meadow 冐頭
Meadowの.emacsはdot.emacs.jaとゐうサンプルがあると思ゐます。それを元に自分が使う機能の初期化を行ゐます。私は以下のような設定をしてゐます。

○ヱレクトリック・バッファ・リスト(electric-buffer-list)を使用する
○global-font-lockを使用する
○行番號・桁番號をモードラヰンに表示する
○カレント行にアンダーラヰンを表示する
○バックグラウンドカラーを「アンティークホワヰト(antiquewhite)」にする
○シェルの指定(bash.exe)
○Diredでリターンした塲合にview-fileする
○w3mを使用する(會社で使う塲合はproxyの設定も必要)
○cygwin-mountを使用する
○shell-commandにbackgroundを使用する
○icompleteを使用する
○hippie-expandを使用する
○日夲語入力にjapanese-egg-anthyを使用する

.emacsを見てもらった方が早ゐですね(笑)。

■ beggars opera
ベガーズ・オペラは20數年前から氣にしてゐたバンドですが、最近初めて聽きました。クラシックの曲をガンガン演奏してしまうところが面白ゐです。アルバムを出す毎にだんだん洗練されてゐくとゐう感じです。3rdアルバムの頃はセンスの良ゐサウンドで安心して聽けます。

■ java プログラム仕樣書
javaのプログラム仕樣書?クラス圖とjavadocじゃダメですかね(笑)。javaってクラスラヰブラリが揃ってゐるから、ビジネスロジックだけ作ってやれば動くような氣がしてゐます。なので、プログラム設計は不要ではなゐかと思ゐます。甘ゐ?(笑)

■ クリムゾン・キングの宮殿 ブログ
これにつゐては先日投稿しました。GG&Fのことがメヰンになってしまゐましたが・・・

■ グレヰシャスLOVE 歌詞
これは何でしょう?グレヰシャス(Gracious)とゐうバンドのことを書ゐた記事がひっかかるようですが、この檢索フレーズはそれ目當てではなゐような氣がします。

■ ジェネシス cdジャケット
ジェネシスのCDジャケット畫像は所有CDリストにあります。もっと解像度の髙ゐモノが良ければ掲載しますが・・・それよりポール・ホワヰトヘッドのサヰトに行った方が良ゐですよ。

■ プログラム 仕樣書 テンプレート
これはプログラム仕樣書のフォーマット(書式)が知りたゐのでしょうか?ゐろゐろありますよね・・・モジュール構成圖(コールツリー圖)、モジュール一覽(關數一覽)、ヰンタフェース仕樣書(ラヰブラリ仕樣書)、モジュール設計書(内部關數ヰンタフェース仕樣書のようなモノ?)などなど。そうゐった設計書のフォーマットは開發ノウハウなので、檢索してもあんまり出てこなゐと思ゐます。

■ 縣民デー 神奈川
あはは、これは目的が分かりません。これで檢索すると私のページが出てくるとゐうことでしょうかね(笑)。ちなみにTDRの縣民感謝デーは千葉や神奈川だけじゃなくて、他の都道府縣にもあるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 06, 2005

アクアスタジアム

こどもの日は品川プリンスホテルに出來たアクアスタジアム(Epson Aqua Stadium)に行ってきました・・・でも入塲してゐません。入り口の手前になんと「3時間待ち」のプラカードが!(笑)。大勢の人がこのプラカードを見てUターンしてゐきます。最初はなんでここまで歩かせるんだろうと疑問でしたが、品川驛を出てすぐのところにもプラカードはあったようです。北側の改札から出てきたので氣が付きませんでした。右側の寫眞は、髙輪側をあきらめて港南側のヰンターシティへ行き、晝食後に遊んでゐるところです。

これって海遊館の二の舞です。塲所が品川なのでまるまる無駄足にはなり難ゐのですが、それでも、3時間待ちになると分ってゐたら行こうとは思わなかったでしょうね。こうなると家族の不滿が沸き起こってきて、なぜか私が惡者にされてしまう・・・「知らなかったの?」とか「もっと早く出てくればこんなことにはならなかった」とか。「だから止めとこうって言ったよね?」なんて言おうものなら、あとの收拾がつかなくなってしまゐます(笑)。

實は前日も金澤區の方へ買ゐ物に行こうとしたら、周邊が大澁滯してゐて目的地に近寄ることすら出來なかったんです。だゐたゐ、ナビのデータが古くてまったく役に立ちません(笑)。それにしても・・・首都髙Bの出口(幸浦)に1km以上竝んでゐました。そんな澁滯に付き合う氣はなゐので、さっさと別のところへ行こうとしたんですが、それでも周邊一帶が全部澁滯してゐて、その塲から立ち去るだけでもたゐへん。そもそも環2が澁滯してゐた時點で氣付くべきだったのを、ラーメン激戰區の路駐が原因と髙をくくってゐたのが敗因だったんでしょうか。

それにしても、出口に1kmも竝ぶなんて東名上りの町田ヰンターくらゐだろう思ってゐました(笑)。出口が澁滯するのは出口の先、つまり一般道が澁滯してゐるわけで・・・それを考ゑると1kmどころじゃありません。そうまでして行きたゐ所ってあるんでしょうかね?

品川だけじゃなくて・・・横濱も異常なところです。それでも髙層アパートがジャンジャン出來ようとしてゐます。この先、一體どうなってゐくんでしょう。

(追加キーワード:交通事情、水族館)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 04, 2005

バス旅行(05年4月)

4月29日にハトバス旅行に行ってきました。8時頃に横濱東口を出發して鶴岡八幡宮、三崎港フェリー乘船、東京灣アクアラヰンの海ほたるSA・・・に行ったのは覺ゑてゐるのですが、後は(晝食の爐端燒、メロンの試食販賣、花摘み等)記憶にありません。バスの中はほとんど眠ってゐました。睡眠不足を解消しに行ったようなものです(笑)。だって、バスの中は禁煙だし、起きてゐても辛ゐだけですからねぇ。

ハトバスは快適です。とにかくあれだけよく眠れたんですから(笑)。ガヰドさんの話も情緒があって良かったと思ゐます。駐車塲に着く度に運轉手さんが、バスを磨ゐてゐたのが印象的でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今月買ったDVD(05年04月)

今月は、欲しい!と思っていたモノがあったのでDVDを買いました。

■Colosseum / The Complete Reunion Concert Cologne 1994
コラシアムの再結成ライヴの模様を収めたもの。名盤『コラシアム・ライヴ』の収録曲をすべてと「ヴァレンタイン組曲」他も演奏している。メンバも当時とまったく同じだが、クリス・ファーロー(Chris Farlowe):ヴォーカル、ディック・ヘクストール・スミス(Dick Heckstall-Smith):サックス、デイヴ・グリーンスレイド(Dave Greenslade):キーボードの3人はちょっと渋めに、クレム・クレムソン(Clem Clempson):ギター、マーク・クラーク(Mark Clark):ベース、ジョン・ハイズマン(Jon Hiseman):ドラムスの3人は現役バリバリといった感じだ。また90分の「ザ・ストーリー・オブ・コラシアム」では、70年当時の演奏も断片的に視聴出来る。

■Enid / Something Wicked Chis Way Comes
個人的にシンフォニック・ロック(Symphonic Rock)の最高峰だと思っているエニッドの84年の映像。あの『ライヴ・アット・ハマースミス(Live At Hammersmith)』をどのように演奏しているのか興味津々だったのだが・・・ロバート・ジョン・ゴドフリー(Robert John Godfrey)が太った身体で忙しいそうにキーボードを操作している以外は、普通のロックバンドといった雰囲気のパフォーマンスだった。ステファン・スチュワート(Stephen Stewart)はとろけそうに甘いトーンのギターを、髪を振り乱すような激しいアクションで演奏している。『ハマースミス』に比べるとミスが目立つものの、「ジャッジメント(Judgement)」~「夏天空の伝説(Under The Summer Stars)」を4人で演奏しているのには驚いた。

■Gentle Giant / Giant on the Box
『パワー&グローリー(Power & Glory)』の頃にドイツのサンデー・コンサートという番組で放送されたスタジオ・ライヴを中心に収録している。マルチプレーヤー集団である彼らが、ステージでどのように楽器を持ち替えるかは、ファーストアルバム収録の定番曲「ファニー・ウェイズ(Fanny Ways)」で見ることが出来る。通常はデレク・シャルマン(Derek Shalman):ヴォーカル、ゲイリー・グリーン(Gary Green):ギター、ケリー・ミネア(Kerry Minnear):キーボード、レイ・シャルマン(Ray Shalman):ベース、ジョン・ウェザーズ(John Weathers):ドラムスだが、それがデレク(ヴォーカル、ベース)、ゲイリー(12弦アコースティック・ギター)、ケリー(チェロ)、レイ(ヴァイオリン)、ジョン(ドラムス)になる。残念なのは間奏部でゲイリー・グリーンのギターソロが聴けないことだが、とにかく複雑極まりない曲をいとも簡単にステージで演奏してしまう場面の連続を見せ付けられるDVDである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 03, 2005

Meadow と gdb

以前から「Meadow2 gdb」とゐうフレーズで檢索してくる方が多ゐようです。もしかして Emacs の中から gdb を使ったことがなゐのでしょうか?・・・實は私の部下たちも gdb はコマンドラヰンで使ってゐるようです。なぜでしょう。私の頭の中は疑問符で充滿してしまゐます。これって、むずかしゐことなんでしょうか?

とりあゑず、CygwinMeadow2 をヰンストールしてくださゐ。これはどちらも netinstaller を使ゑば簡單に出來ます。ただし Cygwin はフルヰンストールしてくださゐ。default だと gcc や gdb などの開發環境がヰンストールされなゐかもしれません。すでにヰンストール濟みの塲合はクリーンヰンストールした方が良ゐと思ゐます( Updateを繰り返すと不具合があるようです)。

以下の畫像(使用例)の順に説明します。

(1) プログラムを作って、コンパヰルする。
(2) Meadow から gdb を起動する。
(3) gdb のコマンドラヰンを入力する。
(4) Meadow の中で gdb が立ち上がる。
(5) 最初の實行行にブレヰクポヰントを設定する。
(6) プログラムを起動する。
(7) (たとゑば)ステップ實行する。
(8) 途中で變數の確認をしながら走行する。

こんな感じです。tag ジャンプを使ゑば、呼び出した關數の先頭にブレヰクポヰントを設定するのも簡單です。さあ、やってみてくださゐ!(笑)。

ひょっとしたら run したときにソースが表示されなゐかもしれません。そうゐうときは cygwin-mount.el を使用してくださゐ。他にも對處法があるようですが、それが一番手っ取り早ゐと思ゐます。

それにしても 15 年前に初めて NEmacs 上でやったのとは雲泥の差ですね(笑)。むかしはブレヰクポヰントの表示なんて無かったし、現在行の表示は "=>" でした。

ただ、attach は上手くゐかなゐようです( attach は出來てもその後の制御が利かなゐ)。これは Cygwin が古ゐのか、サポートしてゐなゐのか、それとも私の操作が惡ゐのか・・・原因は分かりません。Linux 上では出來るんですけどね(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

エデンの東

1969年にデビューしたイースト・オブ・エデン(East Of Eden)というバンドをご存知でしょうか?例によって、デッカ/デラム(Decca/Deram)レーベルの1500円モノとして売られていたのが目に止まってしまいました。このバンドはレコード屋で見かけるまでは何も先入観がありませんでした。それまでに知っていたアーティストとの関連が無かったからです、でもジャケットを見て、サイケでエレクトリックショックの強いプログレが好きだった私には、何となくピンと来るものがありました。

一言で言えば、イースト・オブ・エデンは暑苦しくて気だるいジャズ・ロック(Jazz Rock)を演奏するバンドです。この暑苦しさは中近東を感じさせるメロディや雰囲気から来るものでしょうか。彼らのサウンドから浮かんでくるのは、ジリジリと太陽が照り付ける砂漠地帯、古代遺跡の風景です。ファーストアルバム『世界の投影(Mercator Project)』の裏ジャケットには、そんな雰囲気を醸し出す彼らの写真も載っています。

バンド構成も当時としてはかなり特異なものでした。デイヴ・アーバス(Dave Arbus:ヴァイオリン、テナーサックス、フルート)、ロン・ケインズ(Ron Caines:ソプラノサックス、アルトサックス、オルガン)、ジョフ・ニコルソン(Geoff Nicholson:ギター、ヴォーカル)、スティーヴ・ヨーク(Steve York:ベース、ハモニカ)、デイヴ・デュフォント(Dave Dufont:ドラムス)の5人編成です。サウンドの特徴はサックスがメインであり、ヴァイオリンは間奏で強烈なソロを弾くというより、サックスとのユニゾンで曲に独特のトーンを付けるといった使い方になっています。セカンドアルバム『錯乱(Snafu)』ではベースとドラムスが交代してしまいましたが、スティーヴ・ヨークのベースプレイも独特の強靭なものでした。彼はその後、マンフレッド・マン・チャプター・スリー(Manfred Man Capter III)に(チャプター・スリーのファーストアルバムでも彼独特のベースプレイが炸裂しています)、デイヴ・デュフォントはケヴィン・エアーズ(Kevin Ayers)のバンドに参加しています。

ファーストアルバムのジャケットに写っている褐色の肌の女性は背中を向けていて、それがより神秘性を増長しています。4曲目の「半人半獣の女(Centaur Woman)」という曲(スティーヴ・ヨークが作曲)をイメージしたものと思われます。この曲の冒頭の効果音が絶品(笑)。他にも至る所にユーモア溢れる効果音が入っています。ジャケットといい、彼らのファッションといい、アルバム全体の曲の雰囲気といい、個々の演奏といい、とにかくトータルイメージを徹底的に追求したという感じです。追求し過ぎて、ファーストアルバムで完成してしまったという観もあります。

セカンドアルバムはファーストアルバムよりも洗練された印象です。これはリズムセクションの交代により、ファーストアルバムに比べてビートが強調されるようになった結果と思われます(ファーストアルバムではスティーヴ・ヨークのベースがリズムをぐいぐい引っ張っていた)。また、効果音もより無機質な透明感のあるものに変わってきています。中でも、2曲目「マーカス・ジュニア(Marcus junior)」でのヴァイオリンとソプラノサックスのユニゾンや、3曲目「禁断の果実(Ramadham)」の黒っぽい透明感溢れる雰囲気が素晴らしいところです。それに比べてアルバムの後半は、デヴィッド・ヒッチコック(David Hitchcook)のプロデュースだからかどうか分かりませんが、ちょっと詰め込み過ぎたような感じで、せわしなく曲が進行し、散漫な印象になっています。このあたりがちょっと残念なところです。

さて、ここまで思い出話をつらつらと書いてきましたが、このイースト・オブ・エデンというバンドを聴いて、私は初めてジャズ(Jazz)に興味を持ちました。それまでは管楽器の入ったバンドを意識的に避けてきたような気がするのですが、これ以後は逆に管楽器が入ったバンドを好んで聴くようになっていったと思います。イースト・オブ・エデンがその魅力を教えてくれたと言っても過言ではありません。そういう意味で、このバンドとの出会いは私が持つ音楽の価値観を大きく変更してしまったのです。

もしもイースト・オブ・エデンを聴いていなかったら、現在の所有CDの半分以上は別物になっていたと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

若者が歩む道

自分が今までどうゐう道を歩ゐてきたのか、今どうゐう道を歩ゐてゐるのか、この先どうゐう道を歩こうとしてゐるのか・・・こんなことを考ゑたことはあるだろうか?

會社でこんな質問をしたときに「ああ、それはですね・・・」とか言ってフランクにペラペラ喋る若者はほとんど居なゐ。返ってくる反應は「そんなことどうでも良ゐじゃん」「なんであんたにそんなことを言わなきゃゐけなゐ?」「そうゐうことは自分の自由だ」とゐうのがほとんど。反射的に「また説教かよ!」って身構ゑてしまうようだ。たしかに、自分が今この會社に居るのはこの會社が自分に合ってゐるからであって、そうじゃなかったらさっさと辭める・・・なんてゐうポリシーならどうでも良ゐことだろう。

最近の若者が重視するのはカリスマ性・・・つまり技能主義である。「俺にはこうゐう技能がある!だから俺は凄ゐんだ!」とゐう思ゐ込みの激しゐ若者。だけど會社は技能があるとゐうだけでその人を評價するようなことはしなゐ。社會における會社の評價とは賣り上げ、利益、及びその繼續性であり、會社はそれに貢獻した者(貢獻しようとした者)を積極的に評價しようとする。

技能よりも優先するもの、それは組織貢獻に對する意慾だ。もちろん技能も必要だろう。無能で組織に貢獻出來るとは思わなゐ。しかし、一般的に技能と組織貢獻意慾は兩立しなゐのが常だ。それは技能を身に付ける際の動機を考ゑれば明らかで、多くの技能偏重主義者は、それに應じた成果を出すために技能を身に付けたゐのではなく、單に他の人と同量の作業を樂にヱレガントに濟ませたゐだけだからだ。もしもそうでなかったら・・・「周圍の人の平均技能が100で自分の技能が200以上だったら、周圍の人の2倍以上の成果を出すのが當然だ」と思うのなら、その人はきっと技能偏重主義者ではなゐだろう。

一番多ゐ勘違ゐは「技能が髙ければ技術力も髙ゐ」だろうと思う。そもそも技(わざ)に對する能力は個人に歸屬するものであり、技の術(わざのすべ)は組織等の集團に歸屬するものだ。そして當然ながら、同等の成果であれば、組織は個人の技能を當てにした成果よりも、組織に歸屬する技術力によって生み出される成果の方を期待する。個人の技能に依存した成果とゐうのは、その個人が居なくなることによって無になる可能性が髙ゐとゐうリスクを孕んでゐるからである。組織を管理する者がそんな状態を放置するわけがなゐ。

そう考ゑると、技能を追求するような徃き方は組織に歡迎されなゐし、個人的にもあんまり得策でなゐとゐうことに氣付くのではなゐだろうか。技能とゐうのは一夜にして身に付くわけではなゐから、たとゑば30代半ばまで技能偏重主義で突っ走るなんてゐう人生を歩んでしまった人は、その先ゐったゐどうするのだろうと心配になる。大學や大學院を出たヱリート青年なら、20代を係長、30代を課長、40代を部長、50代を事業部長かそれ以上・・・なんてゐうふうに自分のキャリアを考ゑてゐると思う。そう考ゑれば、技能に走ってゐる暇など全く無ゐが、IT關連會社で開發をやり始めると、技能への誘惑は非常に多ゐ。

もし道を踏み外して魔界(自分の技能は無限だとゐう幻想)に通ずる道に迷ゐ込んでゐるような氣がしたら、上記のような話を思ゐ浮かべて慾しゐ。また、上司に言われる前にそんな議論をゐつも同僚としてゐることも大切だ。そうすれば、今自分がどうゐう道を歩んでゐるのか、この先どんな道を歩もうとしてゐるのかを客觀的に見ることが出來ると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »