« 檢索ワード/フレーズ(05/06/11~05/06/17) | Main | イエスソングズ »

June 19, 2005

ヤマカン料理(第6回): チヂミ

久々にヤマカン料理のコーナーです。実は娘にもらった父の日のメッセージに「おいしいりょう理をありがとう」と書かれていて、ちょっと図に乗っています(笑)。いきなり第6回なのは、ホームページの方に第5回までを掲載しているからです。まだ移行の目途が立っていません。

さて、今回取り上げる「チヂミ」は、これまでとはちょっと違います。これを読んでいる方にはどうでも良いことかもしれませんが・・・「ヤマカン料理」というのは、そもそも実家のオフクロの味や、子供の頃によく食べた近所の店の味など、むかし食べて美味しかった味をヤマカンで再現してみよう!という試みなので、初めて食べるチヂミを扱うのは異例のことです・・・と言うとちょっと大袈裟か。どうやら家族は「お好み焼きと変わんないんじゃないの?」と思っているようです。

具として用意したのは、ニラ、タマネギ、豚バラ肉、紋甲イカの下足(生食用)、あげ玉です。ホントは他にアサリとかの海鮮モノを入れるようですが、お好み焼きの代わりなんだから・・・このくらいで良いのでしょう(笑)。

まず、最初に豚バラ肉を炒めます。実は1枚目を焼くときに、説明通り生のまま入れて焼いたのですが、肉に火が十分通らないようです。これだからレシピは当てにならない・・・2枚目からは事前に炒めることにしました。豚バラ肉に火が通る間に粉を溶きます。今回は横着して1枚分の粉を箸で溶きました。水の量に気をつけてください。私はヤマカンで入れますが、意外に少な目の水で良いようです。粉を溶いたら、ニラ、タマネギ、紋甲イカ、あげ玉を入れて混ぜた後、玉子を入れ、さらに少しだけ混ぜ合わせます。最後に炒めた豚バラ肉を入れて、軽く混ぜ合わせたら準備完了です。

焼き方はお好み焼きと同じです。違うのは焼き上がりにごま油を使うところでしょう。チヂミの周囲にごま油を垂らしてまぶします。これで出来上がりです。いつものように、扇形に四等分していただきました。付属のタレはポン酢のような味で、豚バラ肉を多めに入れてもさっぱりしています。食感はお好み焼きよりもサラっとしていて、食べた後に粉が口や喉に残らないような不思議な感じです。

上の娘はお好み焼きの方が美味しいと言っています。日韓問題に発展するといけないので、これ以上のコメントは避けますが(笑)。もう少し具にこだわって、唐辛子を上手く使えば、お好み焼きと違って夏の暑い時期でもOKのような気がします。

|

« 檢索ワード/フレーズ(05/06/11~05/06/17) | Main | イエスソングズ »

Comments

うしさん、こんばんは。

メッセージがソーセージに見えたのは文字が右肩上がりだったからですかね(笑)。プレゼントはソーセージだけじゃなくて、寝巻き用半袖の上下(なんて言うのかしらない)も付いていました。ちょうど、欲しかったものです。

チヂミは粉自体にほとんど味が無いので、昆布出汁を使ったり、味の濃い具を入れないとお好み焼きのような風味にはならない気がしています。WEBで検索するとキムチを入れる焼き方もあるようですよ。

是非、うし家チヂミ試食会の模様も紹介してください(笑)。

Posted by: ノブりん | June 22, 2005 at 01:37

こんにちわ-*
一瞬 メッセ-ジが ソ-セ-ジに読めて
ノブりん氏の 父の日のプレゼントは
ソ-セ-ジだったのね。。と思ってしまいました
何故だろ-???お腹もすいてないのに。。(笑)
チヂミって 名前は存じていましたが
正確な作り方を知りませんでした
今度 作ってみま-す!!!!

Posted by: うし♪ | June 21, 2005 at 14:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/4614224

Listed below are links to weblogs that reference ヤマカン料理(第6回): チヂミ:

« 檢索ワード/フレーズ(05/06/11~05/06/17) | Main | イエスソングズ »