« 檢索ワード/フレーズ(05/05/28~05/06/03) | Main | 檢索ワード/フレーズ(05/06/04~05/06/10) »

June 05, 2005

今月買ったCD(05年5月)

今回は以前から気になっていたフレンチ・ロック(French Rock)ものを4枚買った。

■Shylock / Gialorgues
シャイロックはシンフォ系のバンドとしてかなり前から名前だけは知っていたが、なかなか手が出なかった。これは77年に発表された、彼らのファーストアルバムである。フレンチ・ロックにしては珍しく?ギター/ベース、キーボード、ドラムスのトリオ編成だが、キーボードトリオではない。ベースを兼務するギタリストはメインがロバート・フリップ(Robert Fripp)に影響されたらしいギタープレイであると分かる。ドラムスの、曲のテンポを崩しかねないような無理なオカズの入れ方が気になる。全曲インストゥルメンタル。

■Carpe Diem / Cueille Le Jour
このアルバム・ジャケットはむかしプログレ関係の雑誌で見たことがあるな・・・と思って手を出した(笑)。全然知らなかったが、かなり有名なアルバムのようである。ジャケットのイメージから、シンセサウンド系を想像するかもしれないが、バンド編成はキーボード、ギター、ベース、ドラムス、フルート/ソプラノ・サックスの5人編成で、ギターの音があまり前面に出ない?サウンドだ。1曲目のLP片面曲はキーボードとソプラノ・サックスのかけ合いで展開されるジャズ・ロック風の作品。その他の6曲は2~3分の短いものが多いが、曲構成が単純でないためか、短い曲には聴こえない。76年作。

■Weidorje
ヤニック・トップ(Jannick Top)の後を受け継いだ元マグマ(Magma)のベーシスト、ベルナルド・パガノッティ(Bernard Paganotti)のバンドが78年に出したアルバム。すごく大雑把に言えば・・・やはりDe Futuraのようなサウンドをやっている。パガノッティのベースを骨格として、その上にエレクトリック・ピアノ、ギター、管楽器、オペラ風のヴォーカルが乗っかっている。76年頃のマグマから分派した音楽と思えば、すんなり聴ける内容である。

■Volkor
これもWeidorjeと同様にマグマから分派したようなサウンドだが、こちらは元マグマのヴァイオリン奏者ディディエ・ロックウッド(Didier Lockwood)が、兄弟のフランシス・ロックウッド(Francis Lockwood)と一緒に制作したアルバムである。Weidorjeと違うのは、テーマの展開から一気にアップテンポになり、エネルギッシュに昇華する瞬間が随所にあるという点だ。このあたりはカンタベリ・ファンをも唸らせる彼らの特長と言って良いだろう。年代的に並行しているが、ナショナル・ヘルス(National Health)、ゴング(Gong)、マグマの良いところを兼ね備えたようなサウンドである。おそらく『ガズーズ(Gazeuse!)』を聴いてもなお不満という方におすすめ出来る(笑)。76年作。

|

« 檢索ワード/フレーズ(05/05/28~05/06/03) | Main | 檢索ワード/フレーズ(05/06/04~05/06/10) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/4413891

Listed below are links to weblogs that reference 今月買ったCD(05年5月):

« 檢索ワード/フレーズ(05/05/28~05/06/03) | Main | 檢索ワード/フレーズ(05/06/04~05/06/10) »