« 神秘の飛行船 | Main | ザ・ビートルズ・フォーエヴァー »

July 04, 2005

最上の女性ヴォーカル

中学生になって間もない頃だったと思うが、私の洋楽好きを決定的なものにしたのはカーペンターズ(Carpenters)に間違いない。とくにレオン・ラッセルのカバーである「スーパースター(Superstar)」と「マスカレード(Masquerade)」に漂う大人の女性の色気にコロっといってしまったのだと思う。こういう、ガキにもピンと来る大人の雰囲気は日本の歌謡曲にはなかった気がする・・・しいて言えば、ちあきなおみくらいじゃなかったか。

カーペンターズの取っ掛かりというと、聴き始めた年代の関係で「イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)」とか「オンリー・イエスタデイ(Only Yesterday)」とか「プリーズ・ミスター・ポストマン(Please Mr. Postman)」とか「見つめあう恋(There's A Kind Of Hash)」ということになる。ただカーペンターズ通に言わせると、この頃彼らはすでに煮詰まっていたということらしい。まあ完成の域に入ったということであれば、そのまま素晴らしい音楽を続けてもらえば良いと思うのだが、供給側はそんな風に思えなかったということか。

もうずいぶん前のことになるが「知ってるつもり」という番組でカレン・カーペンター(Karen Carpenter)を取り上げていた。彼女は母親から、才能ある兄リチャード(Richard Carpenter)よりも決して前面に出てはいけない、と常に言い聞かされ続けていたらしい。その精神的苦痛は大変なもので、それが異常なプラクティスや拒食症につながったのではないかと言われている。あの素晴らしい歌声の裏にそんな話があったとは・・・番組を見ながら思わず涙が出てしまった。以来、晩年の彼らの曲は痛々しくて聴けなくなっている。

彼らが最も勢いがあったのは『ナウ・アンド・ゼン(Now And Then)』を出して、オールディーズ・メドレーを楽しそうに演奏していた頃だったんじゃないかと思う。それは日本公演のライヴを聴くとよく分かる。

一番好きな曲は何と言っても「動物と子供たちの詩(Bless The Beasts And Children)」。この曲を聴くとホントに心がなごむ。他にも名曲がいっぱいあり、健気なカレンの歌う姿を思い浮かべながら聴いている。

|

« 神秘の飛行船 | Main | ザ・ビートルズ・フォーエヴァー »

Comments

トラックバックをくださった方へ。

トラックバック元の記事を参照しましたが、主旨がよく分かりませんでした。ひょっとして、レオン・ラッセルの関連ということでしょうか?・・・やっぱり、サザンのカバーアルバム紹介とこの記事の関連が不明です。

コメントをお願いいたします。

Posted by: ノブりん | July 12, 2005 at 02:04

あおぽんさん、こんばんは。

「スーパースター」はカラオケで歌ってみたい曲ですね!・・・う~ん、最近はカラオケに全然行っていないので、もう歌い方を忘れてしまいそうですけど(笑)。実はいつ誘われても良いように、ひそかに青春歌謡のCDを買ったのです。やっぱり70年前後の歌謡曲は味がありますね。ロックと一緒です。

Posted by: ノブりん | July 05, 2005 at 01:33

「スーパースター」は名曲ですね。
私は時々カラオケで歌います。凄まじくヘタクソですが(泣)。
あとは、ベロベロに酔っているときはツェッペリンの「移民の歌」です(笑)。アアア~ア~!

Posted by: キングあおぽん | July 04, 2005 at 22:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/4820534

Listed below are links to weblogs that reference 最上の女性ヴォーカル:

» サザンオールスターズ・カバーアルバム、10年ぶりに復刻!! [One And Only]
知ってる人も多いと思いますが、 全米の有名アーティストたちがカバーした“幻のアルバム”「All of Mid−Summer Blossoms」が新たに3枚組のパッケージとなって復刻されるらしいです。 製作には、桑田も加わり、メンバーの人選を行ったとの事。 桑田が人選したメンバーた..... [Read More]

Tracked on July 12, 2005 at 00:17

« 神秘の飛行船 | Main | ザ・ビートルズ・フォーエヴァー »