« よく考えたら・・・ | Main | 最上の女性ヴォーカル »

July 04, 2005

神秘の飛行船

中学生の頃にディープ・パープル(Deep Purple)と並んでよく聴いたのがレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)だった。たしか、『プレゼンス(Presence)』以外はすべて友人から借りて聴いた記憶がある。当時はまだオーディオを持っていなくて(持っていたのはラジカセとBCLラジオだけだった)、レコードを聴く環境が無く、カセットテープを借りて聴くことが多かった。いずれも当時最も人気のあるハード・ロック・バンドだったので、ついつい興奮してボリュームを大きくしてしまい、よく親に怒鳴られたものだった。

当時のハード・ロック・ファンには、パープル派とツェッペリン派が居た。今にして思えば、ホントに甲乙付けがたい素晴らしいロック・バンドだったのだが、中高生の頃はそんなふうに思えるわけがなく、どちらが良いのかを見極めなければ気が済まないという感じで、結論の出ないようなことをいろいろ語り合っていたと思う。有名なのは、リッチー・ブラックモア(Richie Blackmore)対ジミー・ペイジ(Jimmy Page)の構図。この2人はそれぞれバンドのメイン・プレイヤーであり、メイン・コンポーザーでもあったので、モロに比較され、常に笑いものにされていた。ときには、使用していたギターであるストラトキャスターとレスポールの比較にまで発展してしまい、ちょっと行き過ぎじゃないかって気もしたが。

彼らのアルバムで一番好きなのはやっぱりファーストかな。一般的に彼らの名盤はIIとIVということになっているが・・・IIは出来過ぎか。音のパワーといい、演奏といい、アルバムの曲構成といい、ハードロックの名盤として全く申し分ない。でもファーストが好き(笑)。

もともとレコードを買う前はIIとIVを真っ先に聴いた後『永遠の詩(The Song Remains The Same)』を聴いて、その3つだけでかなり長い間満足していたと思う。名曲「天国への階段(Stairway To Heaven)」や初期の看板曲だった「胸いっぱいの愛を(Whole Lotta Love)」は網羅していたし、ライヴではLP片面曲だった「幻惑されて(Dazed And Confused)」のスタジオバージョンが6分半ほどの短い演奏だったということで、ファーストアルバムにもあまり興味が湧かなかったというのもある。だが、しばらくしてプログレを夢中になって聴き始めると、60年代後半から70年代前半のアーティストはファーストアルバムが最も興味深いということに気が付いた。その頃にはヤードバーズ(Yardbirds)解体からツェッペリン結成の経緯や、第1期ジェフ・ベック・グループ(Jeff Beck Group)の『トゥルース(Truth)』との近似性(類似性?)などという話も見たり聞いたりしていて、当初とはかなり見方が変わっていった。

発表当初のファーストアルバムはジェフ・ベック・グループとの近似性の問題からか、イギリスではかなり冷遇されたと言われている。どちらにも「ユー・ショック・ミー(You Shock Me)」という曲が入っているし、ロバート・プラント(Robert Plant)の声はロッド・スチュワート(Rod Stuwart)に似ている?し、ジミー・ペイジとジェフ・ベックはヤードバーズで一時期ツイン・リード・ギタリストだったし(関係ある?)、ベーシストにギタリストのロン・ウッド(Ron Wood)を入れたのに対抗(?)して、ギターやオルガンも弾く器用なジョン・ポール・ジョーンズ(John Paul Jones)にベースを弾かせている・・・など。また、ジミー・ペイジがヤードバーズを解体させた張本人だと思っているファンも当時は少なくなかっただろう。

不思議と、ディープ・パープルのアルバムをすべて聴きたいとは思わないが、レッド・ツェッペリンのアルバムはあれこれ聴きたくなるのである。少なくとも『永遠の詩』までは・・・現時点で『フィジカル・グラフィティ』以外はすべてCDで買い直した。『永遠の詩』はビデオを買って見た。とにかく汗だくで演奏するジミー・ペイジが印象的だった。1ステージで2~3Kg痩せそうな気がする。どこにそれほどのエネルギーが宿っているのだろうと感心するばかりだ。

|

« よく考えたら・・・ | Main | 最上の女性ヴォーカル »

Comments

axis_009さん、たくさんコメントありがとう。

ブログまわりにはいろんなツールがあるみたいですね。私はすでに書いた記事でもちょくちょく変更するので、その度にpingサーバにトラックバックが飛ばないと、その変更は分からないのではないかという気がするのですが・・・まあでも、知り合いが新しい記事を書いたら見に行きたくなるので、アンテナを張っておくと便利ですね。

ブログを開設して半年経ったので、陰で本格的に検索ワードの解析をやっています。一週間の検索ワードをExcelに持ってきて統合集計(串刺し計算)しているのです。恥ずかしながら、それまで串刺しのやり方を知らなくて・・・珍しくヘルプと睨めっこしました(笑)。むかし夢中になったMLの集計もこの機能を使えばよかったな。

飛行船の記事は、他のアーティストの曲を聴きながら書いているので、まだ全然身が入っていません(笑)。やっぱり休みにならないとダメですね。

また、よろしく!

Posted by: ノブりん | July 06, 2005 at 02:30

リンク先を見に行くのはさすがに全部は無理で、今は新しく書かれた記事ぐらいですよ。この辺の確認がBlogPeopleとかMyblogListに登録しておくと便利なんですよね。最近はRSSリーダーなんかも併用してます。
 今見るとリンクの数は多いですけど、ここ3,4ヶ月の間でだんだんと増えていってるので、各ブログの過去記事もリンクを貼らせて頂く前に興味のあるものは既に読ませていただいてますし。でも、確かに突然リンクの量を見ると多く感じられるかもしれませんね。(^^♪
それでは、またお邪魔しますね。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: axis_009 | July 06, 2005 at 00:59

axis_009さん、こんばんは。

リンクを拝見しました。凄い数ですね。リンク先の方々と日夜交流しているのだとすると、他に何も出来なくなってしまいそうです・・・休みになったら、また見させていただきます。

Posted by: ノブりん | July 05, 2005 at 23:00

>書き始めると、止まらなくなっちゃうので
私も同じです。(^^♪
リンクありがとうございました。こちらからも早速貼らせていただきますね。左のサイドバーに「MyblogList」と「BlogPeople」のリンクがありますので、良かったら見てください。他のリンク先も面白いブログが多いので、きっと楽しめると思いますよ。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: axis_009 | July 05, 2005 at 05:10

axis_009さん、はじめまして。そう言えば、あおぽんさんのブログでお見かけしたような。

もう20年以上前ですけど、ZEPは一時期夢中になって聴いていましたよ・・・なんて書き始めると、止まらなくなっちゃうのでやめときますが(笑)。記事の方をちびちび増殖していきますので、またご覧ください。

今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: ノブりん | July 05, 2005 at 01:12

ZEPの話題を書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。良かったら寄って見てください。

Posted by: axis_009 | July 04, 2005 at 09:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/4820414

Listed below are links to weblogs that reference 神秘の飛行船:

» Led Zeppelin DVD & How the West Was Won/LED ZEPPELIN [OOH LA LA - my favorite songs]
■Led Zeppelin DVDLed Zeppelin DVD 収録時間5時間20分のDVD2枚組。ツェッペリンの初期から解散までの各時期を代表する4本のコンサート映像をメインに編集されています。ボーナス・トラックとして貴重なTV出演、プロモーション映像なども収録。2003年発売。... [Read More]

Tracked on July 04, 2005 at 09:05

» レッド・ツェッペリン(プレゼンス) [『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!! ]
昨日は私はIPoDとともにジョギングへ出かけました。およそ一時間のジョギングでしたが、今日のお題は、Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)です。 [Read More]

Tracked on August 02, 2005 at 08:34

« よく考えたら・・・ | Main | 最上の女性ヴォーカル »