« 馬鹿と鋏は使ゐよう | Main | 乳房雲って? »

September 10, 2005

今月買ったCD(05年8月)

■Go / Stomu Yamashta
■Go Too / Stomu Yamashta
■Go Live From Paris / Stomu Yamashta
世界的パーカッショニスト、ツトム・ヤマシタがGoプロジェクトから発表したスタジオアルバム2枚とライヴ。このGoプロジェクトは、スティーヴ・ウインウッド(Steve Winwood)、マイケル・シュリーヴ(Michael Shrieve)、クラウス・シュルツ(Klaus Schulze)、アル・ディ・メオラ(Al Di Meola)等が参加したスーパーバンドでもある。これだけのミュージシャンが一同に会したら、さぞ物凄い演奏を繰り広げるのではないかという気がするかもしれないが、そういう期待をもって聴かない方が良い。これはあくまでツトム・ヤマシタの世界である。Tsutomu YamashitaではなくStomu Yamashtaだという点にご注意を(笑)。76年~78年作。

■L / Steve Hillage
スティーヴ・ヒレッジのセカンドアルバム。ファーストアルバムに参加していたカンタベリー、ゴングファミリーが姿を消し、オーネット・コールマン(Ornette Coleman)のパートナー・トランペッター(?)だったドン・チェリー(Don Cherry)や、トッド・ラングレン(Tod Rundgren)のバンドのキーボードプレーヤーであるロジャー・パウエル(Roger Powell)が参加している。プロデューサとエンジニアをトッド・ラングレンが担っており、2人のユートピア指向が融合した作品ということなのだろう。ミケット・ジロウディ(Miquette Giraudy)以外のメンバを総替えしても、奏でるサウンドはファーストアルバム同様、水族館のBGMにぴったりの爽やかなロック・ミュージックである。76年作。

■Things To Come, Psi-Fi / Seventh Wave
なぜか、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター(Van Der Graaf Generator)のヒュー・バントン(Hugh Banton)が参加したバンドとして記憶していた、セヴンス・ウェイヴの『来るべき世界』と『サイ・ファイ』の2in1カップリングCD。ヒュー・バントンが参加しているのは『サイ・ファイ』中の2曲で、演奏しているのはわずかに1曲のみ。ケン・エリオット(Ken Elliott)とキーラン・オコナー(Keiran O'Connor)の2人で25種類もの楽器を操り、10ccと並び評されるようなプログレッシヴ・ポップというべきサウンドを展開している・・・ということであるが、まだその真価が分かるほど聴き込んではいない。74年、75年作。

|

« 馬鹿と鋏は使ゐよう | Main | 乳房雲って? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/5870656

Listed below are links to weblogs that reference 今月買ったCD(05年8月):

« 馬鹿と鋏は使ゐよう | Main | 乳房雲って? »