« ブログとミクシィ | Main | 帰ってきたら恐怖の置手紙が・・・ »

January 18, 2006

悪とモチベーション

私も最近は仕事で契約関係やカネ勘定を少しカジルようになって、いろいろ思うことがたくさんあるのだが・・・そのテの仕事というのは悪に染まらないと出来ないような気がしている。今日は国会で耐震構造偽造問題の証人喚問をやっていたが、そういうことに走ってしまった真の原因や、深層心理って何だったんだろうと考えると、人間の限界のようなものが見えてくる。とにかくカネ勘定に関わると真っ当な神経というか、真面目に考えていたんじゃあとてもやっていられない。だけど、あんまり悪いことをやると法に触れて手が後ろに回ってしまうので、むずかしいことこの上ない。人間誰でも、一生懸命働いて、成果を認められて、昇進して、イイ歳になったら部下に仕事を任せて楽したい・・・なんてことを漠然と考えるのだろうが、部下に仕事を任せて楽が出来るのはワルだけだ(笑)。真面目な人だったら、部下になかなか任せられないだろうし、任せたら任せたで心配でしょうがないというのが普通の人の心理じゃないだろうか。ワルだったら、部下が失敗しそうになったら、あるいは最悪失敗したらどうするかまでをちゃんと考えている。体裁よく言えばリスク管理ってことなんだろうが、私には非情の世界にしか見えない・・・う〜ん、なんか上手くまとまらない(笑)。簡単に言えば、ワルいことをしたり考えたりしても良いというのが、モチベーション維持に不可欠じゃないかと思うのだ。

|

« ブログとミクシィ | Main | 帰ってきたら恐怖の置手紙が・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/15485963

Listed below are links to weblogs that reference 悪とモチベーション:

« ブログとミクシィ | Main | 帰ってきたら恐怖の置手紙が・・・ »