« Bashでファイル転送処理 | Main | 結論の出ない打ち合わせ? »

March 08, 2007

Bashでファイル転送処理─その2

昨日懸念していた、大量コマンドの処理は上手くいくようだ。たとえば以下のような処理である。実験ではdirコマンドを100回実行してみた、

ftp -n XXX.XXX.XXX.XXX << EOF
user username passwd
passive
dir
dir
dir
dir
dir
dir
dir
dir
dir
dir
......
bye
EOF

ftpを連続で何度も起動するとおかしくなる(コネクションを拒否される)というのは、どうやらxinetdのinstances値によるものらしい。まあ以下のように書いて実行すればすぐに分かることだ。

function ftptest () {
ftp -n XXX.XXX.XXX.XXX << EOF
user username passwd
passive
dir
bye
EOF
}
while true; do ftptest; done

他に今回いろいろ試してみて、たとえば以下のようなやりかたは上手くいかないことが分かった。これは意外に誰でもやりそうな気がする。

AWK="awk '{ print $2 }'"
ls -l | $AWK

これは以下のように書くのと結果が違ってくる。まあ、こういったことは-xオプションを付けて実行すれば何が問題なのか分かるはずだ。

ls -l | awk '{ print $2 }'

試行錯誤の結果、スクリプトは完成した。まあ、きっとしばらくすると忘れて同じ間違いを繰り返しそうな気がする(笑)。

|

« Bashでファイル転送処理 | Main | 結論の出ない打ち合わせ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/14232688

Listed below are links to weblogs that reference Bashでファイル転送処理─その2:

« Bashでファイル転送処理 | Main | 結論の出ない打ち合わせ? »