« Kerberos | Main | 式の再評価 »

March 04, 2007

感覚的なこと

人は良いこと、素晴らしいことだったら何でもやるかというと、そういうわけではない。良い学校を出て、良い会社に入って、出世して・・・というのは良いこと(王道?)なのかもしれないが、それをやりとげるのは非常に大変だし、たとえば、良い学校には入ったが、結果的に良い会社には入れなかったというと、それで大きく道筋が狂ってしまう。まあ、良い会社に入るまでは自力で何とかなるかもしれないが、その会社で出世出来るかどうかは分からない。逆に言えば、出世していく人間は「出来るかどうか分からないなんてことは考えない」傲慢なやつばかりだ(笑)。

技術的なことについても同様のことが言える。人は「これは技術的に素晴らしい」と絶賛されていることなら何でもやるかというとそういうわけではない。たとえば、私が大好きなEmacsなんて、いくら勧めても嫌な人は絶対に使おうとしない。こういうのは理屈じゃなくて、感覚が左右する問題だと思う。

組織においては「技術的に優れている人は、自分が持っている技術/ノウハウを組織に浸透させることが出来る人」という評価の仕方をする。これは組織なんだから当然の話だろう。だが、その前にそれを浸透させられる見込みがあるかどうかの判断がある。だから誰にでも自分の技術を組織の中でアピールするチャンスがあるわけでは無い。これも多分に感覚的な問題であるが、組織の中では「あんたなら出来そうな気がする」なんてことは言えないので、理にかなったような理屈が適当に作られる。

むかしのオジサンたちは部下に対して、是々非々、すなわち「問答無用!ダメなものはダメー!」というのが好きらしい。これも「こんなことで責任とらされるのはイヤだ」という意味であり、非常に感覚的なものだ(笑)。

|

« Kerberos | Main | 式の再評価 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/14232494

Listed below are links to weblogs that reference 感覚的なこと:

« Kerberos | Main | 式の再評価 »