« 最近のCPUについて | Main | 結局オブジェクト指向って何だったのか? »

March 17, 2007

出来ない理由を考えてもしょうがない!

これは技術者に対するかなり強力な殺し文句。こんな絶対服従を強要するような言葉が飛び出したらヤバイと思った方が良い。当然、こんなことを言われるとリスク分析をする気がなくなる。「やりゃ良いんでしょ?」という気分になるだけ。つまり「俺が全責任を負うからやれ!」というふうに解釈したくなる。でも実際に言った本人にそういう意識は無いことが多い(笑)。

もうイマドキの開発はリスクが大きいかどうかは問題では無い。解決不能なリスクは顧客と調整するしかないのだ。あとは個々のリスクに対する対処が生産性をどの程度スポイルするかで、快適な仕事になるか、憂鬱な仕事になるかが決まる。

そして妙な技術やスキルを持っている奴は、リスクの大きい作業に回されるのが常だ。なぜかというと、そういう奴を楽な作業に回すと遊んでばかりいて、持っている能力を仕事に対して発揮しないことが目に見えているからだ。逆に言えば、そうだからこそそういう妙な技術やスキルを持つに至ったのだと組織は考えている。

プログラマにとって技術は生きる糧だが、組織にとってはそうではない。業務遂行に不要な技術は邪魔になるだけ・・・気にしてもしょうがないような、解決の無い、余計なリスク項目が増えるだけ。そして、後で何か重篤な問題が発生すると、当初は聞く耳持たなかったにもかかわらず「どうしてそれを最初に言わなかった!」と責めてくる。ひょっとしたら、最近起きている食品業界の不祥事?は、こういった組織の傲慢が原因なのかもしれない。

|

« 最近のCPUについて | Main | 結局オブジェクト指向って何だったのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/14309973

Listed below are links to weblogs that reference 出来ない理由を考えてもしょうがない!:

« 最近のCPUについて | Main | 結局オブジェクト指向って何だったのか? »