« サミータウン | Main | サミータウン(3) »

July 19, 2013

サミータウン(2)

パチンコでやられたときの自分を冷靜に振り返ってみよう。儲かったときの自分を振り返る必要は全くない。儲かった理由など誰にも分からない。まして本人に分かるはずがない。しかしパチンコでやられる人ほど儲かったときの理由を氣にする。そして次囘、儲かったときと同じことをして、前囘儲けた分をすべてお返しすることになる。

ある有名な哲學者は「良いことに原因はない」と言った。良いことに原因がないというのはパチンコに限った話ではなく、これは世の常だ。會社ではよく成功事例發表會なるものをやって、みんなこれを見習って成功しよう!みたいなことをするが、全く以って的外れである。たとえば「今囘の案件では、終始お客樣の立場に立った對應が評價されて成功した」という説明があったとしよう。それに對し「その案件はお客樣の立場に立った對應をしなかったら成功しなかったのですか?」とツッコミを入れると答えられなくなるか、氣合で「そうです」と答えるのだろう。つまり、成功の原因として擧げられるもののほとんどはそういう極めて曖昧なものなのだ。

反對に「お客樣の立場に立った對應をしなかったために失敗した」というのはほとんどの場合において正しい。くどくなるが「お客樣の立場に立った對應をしていれば失敗しなかった」というのもある程度は成り立つからである。

一番惱むのは、あとどれだけ黏れば大當たりするかという判斷だ。自分がその臺をあきらめたら、次にやった人がすぐに大當たりするというのはよく見る光景だ。でも、そのまま黏っていてもたいてい大當たりしない。では、なぜ人が變わると大當たりするのだろうか。人が變わるとパチンコ臺の確率が變わるのか。いくら惱んでも分からない。そういう場合は、人知の及ばない力が働いていると素直にあきらめた方が良い。

まあでも、勝ちたい人はパチンコ必勝法などの雜誌を讀んで頑張るしかないのだろう。ただし、必勝法が原因で勝ったのか、何か別の原因で勝ったのかは結局誰にも分からない。

|

« サミータウン | Main | サミータウン(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/57818720

Listed below are links to weblogs that reference サミータウン(2):

« サミータウン | Main | サミータウン(3) »