« とりあえずコメントは | Main | スキル把握の時期(2) »

July 04, 2013

スキル把握の時期

今年も会社ではスキルは悪、じゃなくてスキル把握の時期がやってきた。

スキル把握は組織の構成員がどのスキル項目についてどの程度のレベルにあるかを計るものと思われる。組織はスキル把握の結果に基づいて構成員の実力を知り、スキルレベルが高い項目はどれか、あるいは低いのはどれかを、少なくともマクロ的に知るのであろう。

組織はスキル把握の結果を自組織のあるべき姿に照らしてスキルアップ計画を立てる。そしてスキルが低い部分に投資し、社員を教育し、組織のスキルアップを図る。これにより、次回のスキル把握では投資したスキル項目のレベルが上がっていなければならない。つまり、スキルが低い部分には投資をすれば(必ず?)スキルアップするというのが前提になっている。

社員教育への投資というのは、仕事をする代わりに勉強するための原価と、セミナーなどを受講する場合はそのための費用、の2つを足したものである。さらに忙しい組織では、投資を受けない社員にしわ寄せが発生する。A君はお勉強しないといけないので、B君はA君の仕事も代行してくれ給え!というわけだ。B君にとってはトンだ災難である。そして、B君がA君の仕事を遂行するのに必要なスキルを有しているかどうかは無視されることが多い。仕事よりも社員教育を優先する組織は、いずれ仕事が来なくなり、何のために社員教育をやっているのか分からなくなる、のかな?

|

« とりあえずコメントは | Main | スキル把握の時期(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/57720869

Listed below are links to weblogs that reference スキル把握の時期:

« とりあえずコメントは | Main | スキル把握の時期(2) »