« 日数計算プログラム | Main | これは素晴らしい資料です(笑) »

August 31, 2013

原發反對

今日も關電ビルの前で原發反對の集會をやっていました。金曜日の夕方、得意先の對應が終わって引き上げるときに必ずやっているようです。ただ、私から見るとホントに原發に反對している人の眞摯さというものが感じられません。まして關電の關係者から見たら、ヒッピーが騷いでいるくらいにしか見えないんじゃないでしょうか。

私は原發に反對する人を批判したいわけではありません。今ある原發を今から全部止めるのであれば、日本に大量にある核廢棄物をどうすれば良いのかについても、同時に考えるべきじゃないでしょうか。そして核に代わるエネルギーを考えなければなりません。そうしなければ、必要なエネルギーを海外に依存することになり、他の國の何倍も高く天然ガスを買わされることになるのです。そしてそれが止められたら、日本の經濟は成り立たなくなります。

原發をやめて電氣が無くなるのなら江戸時代のような生活に戾ろう!と主張している人も居るようですが、それについてくる人が居るでしょうか。個人的にはそういう生活に戾れても、社會全體が江戸時代に戾るなんてあり得ないと思います。原發を止めるなら、代わりになるエネルギーを海外に全面依存する必要が無い程度に確立し、核廢棄物の處理に見通しを付けるくらいは最低限必要です。原發を止めても火力發電で十分足りると言っているだけでは世の中は變わりません。

まあある意味、戰爭反對というのと似ていると思います。反對すれば止まるものではありません。反對されたらやらないという性質のものじゃないからです。原發をやめて自然エネルギーに轉換した國でも、お鄰の國から原發の電氣を買っているという事實もあります。ホントに原發を止めたいのであれば、世の中を根本から變えるほどのパワーが必要だと思います。

|

« 日数計算プログラム | Main | これは素晴らしい資料です(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/58096513

Listed below are links to weblogs that reference 原發反對:

« 日数計算プログラム | Main | これは素晴らしい資料です(笑) »