« August 2013 | Main | October 2013 »

September 20, 2013

日々のツイート20130920

■プロジェクト遂行において全体スケジュールの作成や進捗管理を行なわないというのはどういうことなのか。

■納品物が完成していないのに半期末だから検収して欲しいというも困ったものだ。

■来年4月の消費増税に対して、9月末の駆け込み契約をやろうとしたら、部門長決済で3時間も怒られた...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2013

メロンパン考

ファミリーマートの「マーガリンメロン」というメロンパンを食べた。見るからに美味しそうだったので、つい衝動買いしてしまったのだ。しかし、カロリーが619Kcalもあるので頻繁には食べれそうにない。パン(空腹を満たすための食べ物)というよりはスイーツに近いので、カロリーが300Kcalくらいになる大きさで良いと思う。あるいは、これ1個食べたら食事完了とすべきである。


O0480064012483508969 O04670484120763083151_2


子供の頃のメロンパンのイメージは、こんもりとして、甘く黃色い部分がベトベトしていた。そして、パン生地はきめが粗くて、硬くて、パサパサしていて、なぜこうなんだろうといつも思っていた。最近になって、メロン部分がサクサクで、パン生地もふわふわしたものが出てきた。さらに、パンの中にホイップクリーム、メロンクリーム、カスタードクリームが入ったものまで見かけるようになっている。私が子供の頃に感じた不滿を解消してくれるようなメロンパンが續々と登場してくれるのは嬉しい限りである。

「メロンパン」で畫像檢索すると、そのバリエーションは10や20じゃない。多くのパン職人が日夜新たなメロンパンを作り出そうとしているような氣がする。このマーガリンメロンというメロンパンがいつまで店頭に竝んでいるかは分からないが、假に消え去ったとしても、似たような商品にどんどん生まれ變わっていくのだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 15, 2013

消費税增税論議(2)

增税に贊成の人なんて居るわけがない?というようなことを書いたが、新聞やテレビその他のメディアには誰が贊成しているのか氏名を公開して書かれている。それによれば贊成の人が多いので、國民を代表する著名人がこれこれこのように贊成しているのだから、世論も增税贊成であるという雰圍氣を釀し出している。

なぜメディアがこのようなことを言ったり書いたりするのかと言えば、ごく當たり前のことで、もしあるテレビ局や新聞社が增税反對の論調をとったら、結果的に增税になるならないにかかわらず、税務署から睨まれるのではないか?と怯えているからだろう。財務官僚の無言の壓力がかかっているというべき狀況である。これは財界その他にも同樣に言えることだ。誰だって税務署に睨まれたくない。何か税務上の問題が起きたときに、增税反對をメディアで公表していたとなれば、不利になることが明らかである。

なので、これ以上國の借金を增やしてはいけないとか、税と社會保障の一體改革とか、そういったもっともらしい大儀の裏で、考えていることは一般庶民と何も變わらないことがよく分かる。税金をどうするかなんていう難しいことを素人が考えていてもしょうがないと言う人が居るが、今年に入って日銀の政策が變わり、圓安になり、景氣が好轉し、株價が上がったが、世の中はまだデフレ脱卻の方向に進み始めたばかりであり、國民の所得が增えるところまでは行っていないので、增税は時期尚早だということくらい誰にでも分かることだ。

さらに、最近では增税しても税收が增えないと困るから、それの對策費が豫算化されていると言われている。增税するための豫算というと、それに關する法律を執行するための豫算が當然計上されているが、それ以上に税收を增やすための豫算が必要だと言うことになる。つまり、お金をあげるからこれを買ってくださいと言っているようなものだ。やはりどう考えてもこの增税は意味(目的)が分からない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2013

消費税增税論議

そもそも消費税增税に贊成するというのはよく分からない。せいぜい反對ではないというところではないだろうか。今まで100圓のものを買って105圓だったものが108圓とか110圓とかになるのを喜ぶ人は居ない。贊成か反對かという二擇を迫られたら、反對ではないという立場は贊成に含まれてしまうのだろうか。とにかく、國民が增税に積極的に贊成するというのは意味が分からない。

しかし、メディアは增税贊成どころか增税すべきであると言い切っている。理由は財政再建、財政健全化。增税して税收が增えるのであればその理由は成り立つが、增税すると消費が冷え込み、景氣が惡くなり、かえって税收が減るというのが過去の事實だ。增税前の短期的な驅け込み需要はあるかもしれないが、それが終わると確實に消費は冷え込む。それよりも、デフレを解消して2%のインフレを達成するまで增税しないという考え方の方が自然だ。デフレが解消すれば自ずと税收が增えて財政再建になるからである。メディアが增税に贊成しているのは、メディアには低減税率が適用される(自分たちには影響ない)し、贊成しておけば財務省の心象が良くなるということなのだろう。また、少々增税があっても、デフレ下でも、彼らは高給取りだから全然影響ないということなのだろう。

ところで、これまで聞いてきた增税論議の中で語られている「增税」は税率アップのことだ。增税の目的が税收アップだとすると、税率は税收が增えるように設定しなければ意味が無い。なので、税率を3%とか5%とかアップしても税收が增えないのであれば、もっと税率を上げないとダメだという話が出てもおかしくないのであるが、そういう話は全く出てこないから不思議だ。

要するに、あらゆる意味で理解不能な增税と言わざる得ない。ちなみに9月に入って新聞の論調が增税反對に180度轉換したようである。今のまま推移すると低減税率が法制化されない見込みになってきたからだと言われている。勝手なものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2013

ベーチューの囁き

チュー:いつも仰せのとおりやっております。

ベー:オイおまえら!ちょっとやり過ぎだ!!レーダー照射までして、まさか擊つ氣じゃないだろうな。

チュー:奴らは興奮すると何をするか分かりません。

ベー:アホか?!あそこで戰鬪が始まったら安保の手前、日本を守らないといけなくなる。オレたちは日本を守る氣は無いんだ。それでなくても憲法改正論議が盛んになってきているのに。これ以上日本人を煽るな!

チュー:そうですか・・・。

ベー:おまえら分かってないなあ・・・日本を軍事國家にしたいのか?そうしないために歷史認識を問う反日運動をしてるんだろ?いつまでも謝らせたいんだろ?だったら下手に煽って日本人を覺醒させるな!

チュー:ヘイ、分かりやした。

ベー:あいつらにも言っておけ。あんまり無茶なことをやってると、FTAで締め上げるぞ!とな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2013

TPPの謎

誰がどう考えても日本にメリットが無いTPP(環太平洋戰畧的經濟連攜協定:Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)になぜ交涉參加するのか。これを結果論的に言うと、安倍晉三がTPP實現を擔う總理大臣だったということだ。それはこれまでの經過を冷靜に眺めるとそうとしか思えないことが分かる。

元々TPPは既にカナダ、メキシコ、韓國が米國と結んでいるFTA(自由貿易協定)とほぼ同じものだ。このFTAには米國が相手國を經濟植民地にするためのありとあらゆる條項が盛り込まれており、過去にインドやフランスが斷った經緯も含め、常識的に考えてあり得ないような貿易協定であることは閒違いない。にもかかわらず、なぜそのような協定を結ぶのだろうか。その答えは非常に簡單で、そうするしかない弱みを握られているということになる。要するに銃を突きつけられたらウンと言わざるを得ないというこだ。

むかし「ノーと言えない日本」という言葉が流行ったことがある。そして今も日本は米國にノーとは言えない。言えるわけが無い。しかしノーと言えないのは何も日本だけではない。ノーと言えたのは冷戰中のソビエトだけだったが、それも當時の世界秩序を維持するという意味で半分以上はデキレースだった可能性が高い。そのようにして無茶なことをする國が突然登場しないように抑制していたのだ。

今囘日本がTPPに參加するシナリオは、デフレ下の景氣の惡いところに米國がじゃんじゃん乘り込んでくるというのではあまりに藝が無いから、アベノミクス(大膽な金融政策、機動的な財政政策、民閒投資を喚起する成長戰畧)をやって準備をしておくということなのだろう。あるいは、デフレ克服を主張して再び總理大臣になった安倍晉三がうまく利用されたということなのかもしれない。

いずれにしても米國は他國から搾取するしかないほどに經濟的に疲弊していることは確かだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まぜそば

2013083113160000

先日、「まぜそば」というラーメンを食べてきました。ラーメンのブームからすると、つけ麺に続く流行になるそうですが、元々「まぜそば」というのは油そばの別称で60年くらい前からあったようです。


2013083113330000

食べたのは「あおい」という中華そば屋さんです。


Ws000028

場所は上のとおりです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2013

これは素晴らしい資料です(笑)

SQL Server 2008 バックアップと復元


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »