« October 2013 | Main | January 2014 »

December 31, 2013

Pinball FX2 Epic Quest

4つ目はKidsっぽいデザイン。でも結構興奮出來る。ちなみにこのテーブルの値段は240圓。Pinball FX2本體は無料なので、この値段なら全テーブル揃えても良いんじゃないか?という氣にさせる設定だ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2013

Pinball FX2 Sorcerer's Lair

ちょっとその氣になったらマルチボールのオンパレードになってしまった。しかし、1ゲームで45分も續くとさすがに疲れる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pinball FX2 Fantastic Four

無料のやつばかりでは申しわけないので、PinBall FX2のテーブルを增やしてみた。このFantastic Fourはストレス解消に良いかもしれない。他にSorcerer's LairとIron Manを買ったが、こちらはまだ修行中。Sorcerer's Lairって、前のPCで頻繁にプレイしてかなりの高得點も出したが、正式版はちょっと勝手が違う?のかな...。

ちなみに、貼り付けているYoutube動畫はすべて私がプレイしたものです。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2013

Pinball FX2 Mars

前のPCはWindows7だったので、VMWare PlayerにWindows8のプレビュー版を入れて、その上でこのPinBall FX2(Sorcerer's Lair Table)を樂しんでいた。今囘買ったPCは最初からWindows8なので、同樣に無料版はないか探していたらMars Tableのみ無料でインストール出來る。Sorcerer's Lair Tableよりもマルチボールへのハードルは高いようだ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤマカン料理(まかない風パスタ)

2013年も暮れになり、喧噪の末、やっと一人になれた。最近は上の娘のクラブ活動のせいで、家族がほとんど實家に歸らないようになったので、たまには實家に歸ってくれないかなあ...などと溜息をつくことが多かったのである。今囘たまたま一人になれたのは、上の娘がシンガポールに演奏旅行に行くことになり、年始の1日か2日までは實家に居てくれるようだ。ということで、久しぶりに自宅で羽を伸ばしている。

家族がいなくなり、一人になって喜んでいるというのは珍しいことかもしれない。ただ、出産のため半年も家を空けられたときはさすがにイヤになって、早く歸ってこいと呼び戾したこともある。その氣になれば一人で生活するのに不便はないが、仕事が忙しくなるとどうしても面倒臭くなってくるのだ。

一人でいるときに面倒なのは洗濯だ。食事は家にあるものを適當に食べることが多く、外食はほとんどしない。今日の晝は昨日見つけたパスタを適當に作って食べようと思ったので、それを紹介してみる。ちなみにこれはレシピではないので、これを讀んで自分も作ってみようなどと思わない方が良い...のではないか。


2013122911590000

まず、大きめの鍋に水を入れて火にかける。少し白く濁っているように見えるのは鹽が入っているからだ。鹽の量はパスタを茹でるときにこだわった方が良いポイントの一つである。このくらいの水の量であれば、だいたい中華のれんげに1杯くらいだろうか。一人前のパスタを茹でるのには鍋が大き過ぎるような氣もするが、小さい鍋でやりたい場合はパスタを半分に折って茹でるのだろう。


2013122912070000

材料はこれ。パスタは一人分(たくさん食べたいからといって二人分にしない方が良い)、玉ねぎは1個の半分、ソーセージはシャウエッセンというポークウインナーだ。


2013122912080000

湯が沸いたら、おもむろにパスタを入れる。ちょっと見づらいかもしれないが、ソーセージも入っている。この手のソーセージは燒くよりボイルする方が美味しいと思う。うちの嫁はパスタをこうやってパラっと入れるのが出來ないと言っているが、こんなのは別にパスタの束を鍋の眞ん中に立てて、手を放せば自然とこうなるので、何を惱んでいるのかさっぱり理解出來ない。それと、このようにしなくてもすぐに軟らかくなるので、あとは湯の中に押し込めば良いだけだ。


2013122912130000

パスタはどのくらい茹でれば良いのか。心配なら食べてみれば良い。寫眞のように箸ですくい上げて、コシがあるようならまだ早い。パスタの太さにもよるが、食べると噛み切れないこともあるので要注意。


2013122912160000

このくらいになれば良いが、茹で過ぎがイヤならこの時點で火を止めれば良い。私はこの後パスタを炒めるので、多少軟らか目に茹でるのが常だ。


2013122912190000

茹であがったパスタをフライパンで炒める。炒めるときに氣を付けることは、フライパンを熱しておかないこと。とくに手先が器用でない人、要領が惡い人は、もたもたしているとパスタがパリパリになってしまうので、フライパンにパスタを移してから火をつけるようにした方が良い。寫眞にはソーセージも寫っているが、ソーセージを炒めるかどうかはその時の氣まぐれだ。茹でたソーセージは湯を吸っているので、はじけて油がはねることがある。このとき、味の素とコショウでパスタに少し味をつける。あとは玉ねぎを加えて、バターと醤油で薄く味付けをする。味付けはその時の思い付きである。このタイミングから、ソースをどうしようなどと考えてはいけない。手っ取り早いのは、あらかじめレトルトのパスタソースやカレーを溫めておくことである。


2013122912370000

これで完成。誰かにご馳走する場合は、もう少し見榮えを考えて、ピーマンやニンジンを使った方が良いだろう。自分で食べるならこれで十分だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近のPCライフ

普通の家庭なら、1日のうちの特に夕食後は一家の團欒と呼べるような時閒があると思う。今時分で言えば、家族が全員炬燵を圍んでミカンを食べながらテレビを見る...という光景なのだろうが、うちでは炬燵を圍んでテレビを見るのは私以外の家族で、私は自分の部屋でPCの前に居る。事情を知らない人が見たら、一つ屋根の下で別居しているように見えるかもしれない。たまに同年代の同僚と飮み會があって、こんな話をすると驚く人も少なくない。

そもそも、なぜこんなふうになってしまったのか。別に好きでそうしているわけではなく、結婚當初からの成り行きで仕方なくこういう狀態に落ち着いているだけだ。當時は會社から定時退社することがほとんどなく、その日のうちに歸らないこともチョイチョイあったので、家の中の主導權がほとんどなくなってしまったのだ。たまに早く退社したとしても、家の中で自分の自由になるものと言ったらPCくらいのもので、テレビは見るものも錄畫するものも全部決まっている。

テレビってつくづく不思議なもので見なければそれで濟むのだが、見始めたら生活に支障が出るくらい見たいものに溢れているらしい。まあ、どの番組も見る人の興味を引こうとあれこれ工夫しているので、新聞の番組欄を見ればあれもこれも見たくなり、前述のようにその場で見るものと、錄畫して後で見るものが決まってしまう。そういう狀態で、私がたまに居閒に居ても自分が見たいものなど何も見せてもらえないし、錄畫すらさせてもらえない。そうなると、居閒に居てもツマンナイので自分の部屋でPCの前に居た方が樂しいのである。

そういう事情でこの10數年閒、家に居るときはほとんど自分の部屋のPCの前に居ることになった。まるで引き篭もりのように思われるかもしれないが、テレビの前でボーっとしているよりは樂しいんじゃないだろうか。見たければテレビ番組は主なものは動畫コンテンツとしてネット上にある(水戸黃門第一部みたいな古い時代劇もある)し、それこそテレビ以上に情報がある。また、そういうもの以外にいろんなことを同時にやれるのだ。いつもはサミータウン、メディアプレーヤー、GOMプレーヤー、Firefoxが動いていて、パチンコとラジオ番組(オールナイトニッポンとか)とリッピングした手持ちのCDを同時に見たり聞いたりしている。もちろん、同時にPinBall FX2(これはホントに優れもののピンボールゲームだと思う)のような動きの激しいゲームをやることもある。

なので、團塊の世代ならとても耐えられない上記のような狀況でも、別に何も困っていない。むしろ、どうでも良い番組でも他に見るものがないという理由で惰性で見ているしかないよりは、よっぽど良いのではないかと思うのだ。


Ws000000


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2013

新しいPC選び(2)

12月13日の金曜日(ちなみに先負)、こういう日は大人しくしていた方が良いかな?と思いつつ、新しいPCをアマゾンで注文した。買ったのに注文と書いたのは、前2囘はDELLの直販で購入していて、どちらも屆くまでに2週閒くらいかかったからだ。なので、タイミングを閒違えると年末年始を過ぎてから新しいPCが屆いて、落ち着いてセットアップ出來ないのではないかと心配だったのだ。いい歳をして年始からPC設定で寢不足なんて流石にカッコ惡い。

買ったのは豫告通り、Lenovo IdeaCentre K450のモニタ無しバージョン。やっぱりPC選びは落ち着いてするものだ。もし時閒をかけずに選んでいたら、またDELL XPS8000シリーズのメインストリームグラフィックにしていただろう。慾を言えば、CドライブをSSDに、グラボをもっとハイスペックに、などとキリが無いし、價格も20萬圓近くになってしまう。いくらお金をかけても3年くらいで陳腐化してしまうものにそんなにお金をかけるのは無駄だろう...と今囘は考えた。物慾旺盛だった若い頃はこんなふうには考えなかったものだ。

さて、これで何臺目のPCになるのだろう。もう最初の方は機種も覺えていないが、最初のPC98(MS-DOS)、2臺目PC98(MS-DOS)、Mac(System6)、2臺目のMac(System8)、DELL(Win95)、ThinkPad X20(WinXP)、DELL DIMENSION 3100C(WinXP)、DELL XPS 8100(Win7)に續く9臺目になる。別にPC道樂をしているつもりはないが、コンピュータとあまり關わりのない生活をしている人から見れば、ちょっと異常かもしれない。

しかしPCの性能も上がったものだ。ThinkPadの頃はVMware PlayerでLinuxをインストールすると、まずisoイメージをダウンロードするのに數時閒(もっともその頃はADSLだったが...)、その後でLinuxをインストールするのにまた數時閒かかるので、どちらも夜中に放置するしかなかった。それが今は1時閒もかからない。しかも、この記事を書く裏でインストールしていてもそのくらいの時閒で終わるし、とくにその閒動きが緩慢になるわけでもなく、CPUメーターを見ていても10%もいっていない。

OSはWindows8にした。この機種にWindows7の選擇肢はなかったし、Windows8のあの評判の惡いスタート畫面も、いつもはデスクトップを表示しているし、慣れればほとんど苦にならない。まあPinball FX2などのXBOXゲームをやるにはこういうインタフェースの方が良いのだろう。ちなみにWindows7で使っていたアプリのうち、Windows8で動かなくなったものはまだ1個もない。もしどうしてもWindows7に戾りたければ、假想マシンにインストールすれば良いし、何も氣になることはない。

會社の同僚に買ったPCの話をしたら「高いPCを買いましたねぇ」と言われてしまった。たしかに今や5萬圓前後でも、そこそこのグラフィック機能を持ったPCが買えるようになっている。でも、家にいる時閒のほとんどPCの前で過ごす自分にとって、PCはテレビよりも重要な存在であり、それなりのスペックを求めてしまう。また仕事柄、最新のPCはどういうものかを知っておく必要もある。「最新機種の1/6の性能になったら買い替える」と豪語する人もいるが、それだとPenIV 3GhzのPCになってしまう。今はもうそんなロースペックのPCには戾れそうにない。


2013121609220000


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2013

會社歸りにスーパーでネギを買うサラリーマン

會社歸りにスーパーでネギを買うサラリーマンって、あんまり居ないと思う。普通に家族があるサラリーマンなら、ネギくらい家にあると思うし、たくさん食べたければ嫁さんに買ってきてもらうのだろう。假に單身のサラリーマンだとしても、レジ袋に收まらないような束のネギを買うより、刻みネギを買うのだろうと思う。しかし私は、每週最寄り驛にあるスーパーで束になったネギを買って歸る。

「瘤との付き合い」に書いたとおり、昨年はハムスターアレルギーに苦しんでいた。そして、アレルギーを克服するには多少體質を變えないとダメなんだろうと思い始めていた。體質を變えるということは生活を變えるということであり、一番手っ取り早いのは食習慣を變えることだろうと漠然と考えていた。そして、スーパーに行けばたいてい賣っていて、しかも安くて健康に良さそうなネギを今まで以上に習慣的に食べようと思い立った。一時期大根にも目を付けたが、こちらは大根おろしにしないとダメ(大根の榮養を根こそぎ取るには大根おろし以外に考えられない)だし、大根おろしはものすごく辛いので、繼續的に食するのはむずかしいようだ。

會社でネギの話をすると、やはりネギ大好き人閒が居て、ネギを箸にして蕎麥を食べるとか、ネギは切り溜めして冷凍保存出來るよ?なんて話も聞いたが、それはネギを習慣的、繼續的、かつコンスタントに食べるのとはちょっと違う話じゃないかと思う。私は週に1束のペースでネギを食べるようにしている。ネギは生命力が強いので、買ってきたネギでも靑い部分と白い部分の境目で切って冷藏庫に入れておくと、白い方は芯の部分が1日に1cmくらい伸びてくる。それでも1週閒以上經つと干からびてきて味が落ちるので、出來るだけ1週閒で食べ切るようにしている。食べ方は、細かく刻んで味噌汁に浮かべたり、麺類に浮かべたり、納豆に混ぜたり、カレーライスにまぶしたりしている。いずれも量は普通の人より多めだ。とくにカレーライスはおすすめである。

ちなみにうちの家族は私以外ネギをほとんど食べないし、まして刻んだ生のネギは鄰で私が食べているだけでも嫌がる。ネギが嫌いな人に買ってきてもらってもロクな結果にならない(おそらく安いのを選んで買ってくる)ので、ネギは必ず自分で選んで買ってくるようにしている。最近は産地にもこだわっていて、好きなのは愛知縣産か、北海道の軟白ねぎだ。ネギの原産地である中國のは買わない。むかしから關東は白ネギ、關西は靑ネギと言われているようだが、白い部分と靑い部分は半々くらいが良いような氣がする。

さて、健康に良いだろうという想定でネギをたくさん食べ始めたのであるが、最近は食べるからではなく、自分でネギを選び、自分で刻んでいるからだと思うようになった。ネギを刻むとタマネギと同樣に目に沁みる。それはネギからガスが出るからであるが、これが健康に良いのではないかと思うのだ。事實、自分でネギを刻むようになってから約1年ほど經つが、その閒風邪をひいて熱を出した記憶が無い。氣のせいかもしれないので、もう少し繼續的に觀察する必要はあるが、ほぼ閒違いないと確信している。

おかあさんがいつも元氣で早起きなのは、每朝ネギを刻んでいるからではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2013

新しいPC選び

そろそろ新しいPCを買おうと思う。Core i7 860、12GBメモリ、500GBディスク、Geforce GTS 240というスペックは、買った當時それほど惡くないと思ったものだが、それは前のPCがPentium III 3GHzだったからであって、今ではもう不滿だらけだ。4C/8Tとはいえ、個々のスレッドのスピードはそれほど速いわけではないので、1スレッドで重たい處理をするプログラムだとそれほど速く感じない。そう考えると、そもそも1臺のPCに期待するパフォーマンスが高過ぎるということなのだろう。CPUをいくつも積んだサーバ機をコンソールから使っていても、左程性能の良さを體感出來ないというのと同じのようだ。

今記事を書きながら、サミータウンのパチンコと、動畫變換と、DVD書き込みを竝行でやっていて、さらにネットゲームや動畫再生や音樂再生をすることもある。こういう使い方はやっぱり異常なのだろうか。CPU使用率は80%前後であり、夏の暑いときにはとても同樣のことは出來ない。メモリも12GBにしているが、こういう重たいことをしていても、半分以上使っているところを見たことはない。

さて、ボヤいてばかりいても仕方が無いので...ちょっとPC選びをしてみた。狙いは、Core i7の最新CPU、内藏ディスクは750GB~1TB、メモリは8GB、グラボはGeforceでイマドキのミドルレンジ、というところか。そういう基準であれこれ詮索していて見つけたのが、LenovoのIdeaCentre K450だった。Core i7 4770、1TBディスク、8GBメモリ、Geforce GTX660というスペックだ。このグラボならモニタ2枚でもスイスイ動くだろうか...。

うちの家族は濕氣に無頓着なので、結露に注意する必要がある。娘たちにはPCを觸らせない方が良さそうだ。


818ev045jl_aa1500_


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2013 | Main | January 2014 »