« January 2014 | Main | March 2014 »

February 10, 2014

つぶやき20140210

いつも思うんだけど、短くて簡潔な表現って好きじゃない。長い文章を嫌がる人が居るけど、私にはそれが理解出來ない。まあ、興味無い人の長い文章を讀まされるのは苦痛だろうとは思うけど。短い文章を好む人って、ひょっとしたら臆病者?私は誰かが自分に向ってダラダラ長い文章を書いてきたとしても、別に氣にしない。イヤなら讀まないから。

twitterって140文字の制限がある。なぜ制限するんだろう?これもまあ、その制限がイヤならそこに書き込まなければ良いだけだけど。

上の娘が參加する金管八重奏がアンサンブルコンテストの東海大會で1位になった。今日は雪が降った翌日で土岐市文化プラザまでの車の移動はちょっと怖かったが、表彰式では少し感動した。全國大會は3月21日に倉敷でやるらしい。嫁は絶對見に行くと言っているが、どうしようか...。三連休だが、たぶんその頃は仕事が大變なことになっているような氣がする。

ブログのサイドバーに最近のコメントが10件表示されているが、これがすべてKAZUYAチャンネルの記事のものばかりになった。別に私の主張ではないので、コメントはKAZUYAチャンネルの方にしてもらえば良いと思うけど。やはり、南京事件と從軍慰安婦に關する動畫だからだろうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2014

ケチャップで作るパスタ

休みの日になると、たまに家族が今日はスパゲッティを作れと言う。ソースは?と聞くとイタリアンで良いという言う。我が家でいうイタリアンとは、適當なパスタソースが無いときにケチャップを使ってササッと作れば良いという意味なのだ。こういう亂暴な考えだから、ファミレスで何にするか惱むんだと思う。で、こういう賴まれ方をしたときは、こちらとしても全然氣が乘らないので、美味しいものが出來るわけがない。

もともと洋食屋さんのイタリアンスパゲッティというのは、パスタを茹でて、フライパンで炒め、ケチャップで味付けする...などという作り方はしないと思う。たいてい事前にトマトソースを作っておいて、炒めたパスタにササッと絡めるんだと思う。というのは、炒めたパスタにケチャップをかけても、たいていパスタの風味に負けてしまって、ケチャップの味が弱くなってしまい、あまり美味しくない。

今日の晝にその考えを實踐してみた。ひと手閒かけて、ソースを事前に作る方法だ。と言っても、別に大そうなことをするわけではない。玉ねぎ1/2個を刻みニンニクと炒めて、玉ねぎが隱れるくらいケチャップを投入する。あとは、少し煮詰めて出來上がり。それを皿に退避させておいて、茹で上がったパスタを炒め、炒めたパスタの上にそのソースを乘せただけである。作ったソースと炒めたパスタをフライパンの上で絡めても良いのだが、私はパスタに限らず、ソースがまんべんなく混ざっている狀態というのがあまり好きではない。なのでパスタソースはたいてい炒めたパスタに乘せることにしている。

試しに嫁に味見をさせてみたら、このソースは何だ?と聞かれた。有り合わせで簡單に作ったソースでも、どうやって作ったのか想像出來なかったらしい。今後のイタリアンはこの作り方で行こう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2014

Pinball FX2 Spider-Man

30番目のテーブルはSpider-Man。マーベルコミックスのヒーローたちの中で、日本で一番知名度が高いのはスパイダーマンじゃないかと思う。ただ、このテーブル上には當のスパイダーマンが居ない。いや、ひょっとしたら、難易度の高いミッションを達成したら、ちょっと廣めのフィールドのど眞ん中にいきなりどーんとスパイダーマンが現れるのかもしれない。動くキャラとして居るのはドクターオクトパスとグリーンゴブリン。とくにドクターオクトパスは、背中の觸手のような腕でワイヤーレーンをつかみ、どんどんこちらに迫ってくることがある。グリーンゴブリンもちょろちょろ動き囘り、カボチャのボールを投げ込んで邪魔をしてくる。一番困るのは、暗くなりフリッパー操作が左右逆になること。仕方がないので、兩方のフリッパーを同時に動かすしかない。ただそういうことを除けば、わりとブレイクが多いのでタバコを吸いながらでもプレイすることが可能だ。

さて、この30番目のテーブルで一應Pinball FX2のマイコレクションは全部プレイ濟みとなった。最後のテーブルに相應しく、サムネイルはミッション達成を示すエンブレムが表示されたものとなっている。元々、キャプチャーしてプレイしているときに現れるだけで珍しいのに、サムネイルに映り込むというのはかなり稀なことではないだろうか。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pinball FX2 Captain America

29番目のテーブルはCaptain America。このヒーローはアメリカンデザイン?の丸いシールドは持っていても、武器は持っていないのかな?と思ったら、このシールドをフリスビーのように投げて來る場面があって、ちょっと驚いた。合理主義的なアメリカ人が考えそうなことである。右手前に薄紫のマスクをした男が出てくると、テーブルに惡さをする。フィールドをオイルでグダグダにする演出は他にはない。マルチボールが發動する際には、右奧からロブスターのような手をした赤いロボットが現れる。Iron Manとは違うようだ。フリッパーの閒を突くようなボールが返ってくるという意味で、眞ん中奧にある圓筒形のターゲットはあんまり直接狙わない方が良い。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pinball FX2 Thor

28番目のテーブルはThor。Star Warsシリーズの6個はすべてプレイ濟み。マイコレクションに表示されているテーブルで未購入なのは殘り2個となった。表示されているテーブルをすべて購入したら、もうそれ以上は增やせないのだろうか。というか、他にもまだテーブルがあるのかどうかも不明。このThorはわりと易しいテーブルなので、ファーストプレイのときに「しまった!最初からキャプチャーすれば良かった」と少し後悔したくらいだ。

實はこのテーブルを購入直後、さあやってみようとしたら動きが止まってしまって、操作不能になるという問題が出たのだった。操作不能でもスタートメニューを表示出來たので、他のタスクに切り替えるとPinball FX2が再起動していた。他のテーブルは何事もなくプレイ出來る。しばらく何度か同じことを繰り返したがダメだったので、サミータウンのキリが良いところでPCを再起動。それでも症狀は同じ。ちょっとまえにサミータウンの關係でWindowsのレガシー設定を變更したので、それを疑ってもみた。結局、Pinball FX2のグラフィック設定を初期狀態に戾して、やっとプレイ可能になった。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2014

Pinball FX2 Star Wars Boba Fett

27番目、Star Warsで6番目のテーブルはBoba Fett。説明文は「惡名高い賞金稼ぎ、ボバ・フェットと一緖になって、銀河中から銀河帝國とハット・カルテルの賞金を集めてください」。ちなみに私はStar Warsという映畫のことを全く知らないので、どの情報を讀んでもチンプンカンプンだが、このテーブルに居るキャラのことだけは少し調べてみた。

まず一番目立つのが、右奧のカーテンに隱れているJabba Desilijic Tiure(ジャバ・デシリジク・ティウレ:ハット・カルテルの首領)。シーソーの下に隱れているホールに何囘か入れると笑いながら登場する。登場後さらにホールにボールを入れるとドアップになり一言喋る。それまでは缺伸をしたり、舌なめずりしたり、何かをくちゃくちゃ食べたりしている。そして喋るとすぐにカーテンの向こうに引っ込んでしまう。

テーブルの割れ目から觸手をにょろにょろさせているのはSarlacc(サーラック)。Star Warsに登場するモンスターだが、トップ10モンスターではないようだ。ボールが割れ目に落ちるとゴォーと唸る。それ以外はとくに何もしない。ボールが觸手に當たってもすり拔けているように見える。砂漠に居るイソギンチャクのようなものか。

左奧の扉の所に立っているのはStorm trooper(ストーム・トゥルーパー:銀河帝國軍機動步兵)。これはプレイ中に何か喋っているのかもしれないが、アップで映されることもなく目立たない存在だ。

Darth VaderとBaba Fettのことは省畧(笑)

この動畫は、著作權の關係?からBGM無しでキャプチャーした。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pinball FX2 Star Wars The Clone Wars

26番目、Star Warsでは5番目のテーブルはThe Clone Wars。4個のフリッパーを驅使すると、かなりスピーディーなプレイが樂しめる。マルチボールの發動條件はわりとゆるいが、ボールの動きにフリッパーが追い付かず、2ボールでも長續きはしない。基本的にレーン狙いだが、ちょっと角度がずれると強烈なカウンターが返ってくる。購入以來かなりの囘數プレイしているが、まだ1億ポイントには屆かない。動畫の中盤以降でピンク色のバリアが現れるが、この囘のプレイで初めて突破することが出來た。このプレイの數囘前までは、突破方法すら分からなかったのだが...。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »