« 戰後70年、いまだ納得いかないこと多々あり | Main | あんかけ燒きそば »

December 31, 2015

大晦日に2015年を上から目線

私はここ20數年ほとんどテレビを見ていない(正確に言うと、テレビもビデオレコーダーも常時家族に獨占されていて全く見せてもらえない)ので、情報はもっぱらネットから能動的に得ている。主な情報ソースは、DHCTHEATER(虎ノ門ニュース8時入り、現代のコペルニクス)、SakuraSoTV(鬭論!倒論!討論!、靑山繁晴の答えて答えて答える)、ANNnewsCHザ・ボイスそこまで言うか!である。詳細はリンクをたどってもらえばわかるので省畧するが、最近はこの4つを丹念に視聽するのに每日追われている。そのかたわら、文化系トークラジオLife武田鐵矢の今朝の三枚おろし、などを聞くこともある。探せば他にも重要な情報ソースはあるのだろうが、今はこれだけでも滿腹狀態であり、そのせいでその他の趣味趣向に割く時閒がどんどん減ってきている。なので...たとえば、ブラウザでネットニュースを見ながら、メディアプレーヤーで趣味の音樂を聞き、その橫でサミタのパチンコゲームが勝手に動いていることが多い。今これを書いている瞬閒も、ほぼその狀態に近い。

ネットから情報を得ていると、世の中の白人支配がどんどん巧妙になってきているなという印象を受ける。戰後70年經った今でも、彼らが考えていること、やろうとしていることは全く變わっていない。世界中の資源(食物を含む)を牛耳り、その取引のための金融を自分たちの有利にコントロールする。勤勉な農耕民族や、石油や天然ガスなどの資源がある國(資源があることになっている國?)は、彼らの巧みな戰畧に飜弄され、利用され、搾取される。おそらく、この構圖(構造?)は永久に誰にも變えられないだろうし、ある意味これを前提と考える以外ない。最近騷がしくなってきたテロは、この前提からすると簡單に理解出來る。しかも、ロシアを巧妙に惡者に仕立て上げ、テロの矛先をそっちに向けさせる戰畧まで見え隱れする。つまり、代理戰爭させるための執拗な工作が行なわれており、これに世界中のメディアが陰に陽に加擔している。革命家もテロリストも、冷靜に考えれば、彼らの手の上で踊らされているだけだということに氣付くはずであるが、だったら冷靜を保てなくなるほど痛めつければ良いと考えるだけだろう。

日本は75年前に石油と鐵を絕たれて戰爭をした。しかし、資源を絕たれて戰爭に勝てるわけがなかった。大東亞共榮圈も潰された。そうである以上、鎖國することも戰ってそれらを得ることも出來ない。これが日本が置かれている恆久的狀況である。唯一、ロシアと組むというアラ技がないわけではないが、これも北方領土問題やシベリア抑留問題を焚き付けられて、陰に阻止されるだろう。そう考えると、殘された道はアイデンティティを保ちながら米國との戰畧的パートナーシップ(ある意味隸屬、ある意味一目置かれる存在)を模索していくしかないのであり、それ以外の道を往けば過去の過ちを繰り返すだけだと思われる。

|

« 戰後70年、いまだ納得いかないこと多々あり | Main | あんかけ燒きそば »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74224/62974692

Listed below are links to weblogs that reference 大晦日に2015年を上から目線:

« 戰後70年、いまだ納得いかないこと多々あり | Main | あんかけ燒きそば »